お気に入り

私の東京ガイド

興味のあるページを見つけたら、ハートをクリックしてあなたの「お気に入り」に追加しましょう!

ここから本文です。

更新日:2018年4月2日

寺尾妙子(Taeko Terao)

食ライター

レストランやデパ地下など様々な店を取材する食ライター。食べ歩きが趣味だったOL時代や、ワインバーでの勤務を経て、食ライターに。現在『casa BRUTUS』WEBサイトなどで連載中。

仕事柄、日本だけでなく海外のレストランや食事情を取材することもありますが、東京は寿司や天ぷらなど、江戸の食文化が残るだけでなく、フレンチやイタリアン、北欧料理に至るまで、世界のトップモードが集まる街だと思います。江戸庶民の味として、マグロの大トロとネギを煮込むねぎま鍋を気軽に味わうなら、専門店「ねぎま」へ。一品ずつ揚げたてを味わえる立ち食い天ぷら屋「喜久や 麻布十番」は、日本酒、国産のワインやウィスキーも飲めるので、ちょい呑みにもデートにも最適のお店です。盆栽が飾られモダンな内装が特徴的な「しゃぶしゃぶKINTAN 表参道」は、牛タンのしゃぶしゃぶだけでなく、しめのトリュフ雑炊も絶品!名門寿司屋出身の職人によるフィッシュバーガー専門店の「デリファシャス」はとてもヒップで、東京ならでは。モダンフレンチの「サンプリシテ」は、日本独自の血抜き技術を用い、旨味を引き出した熟成魚を味わえます。

ホーム > 私の好きな東京 > 伝統の江戸料理と革新の東京キュイジーヌ