お気に入り

私の東京ガイド

興味のあるページを見つけたら、ハートをクリックしてあなたの「お気に入り」に追加しましょう!

ここから本文です。

更新日:2018年4月2日

昭和の東京にタイムスリップしたような下町

谷中・根津は東京の下町のなかでも特に昭和の面影が色濃く残るエリア。古い木造の家々や古民家を利用した昭和レトロなカフェなどが点在する昔懐かしい街並み、「谷中霊園」や「根津神社」などの歴史スポットを巡りながら、タイムスリップ気分が味わえます。

ポイント

• 古き良き下町情緒漂う「谷中銀座」へ
• 伝統美術から現代アートまで多彩なアートスポット
• 桜やつつじの名所「谷中霊園」「根津神社」

行き方

谷中エリアは「日暮里」駅から徒歩圏内。「日暮里」駅へは、JR山手線、京浜東北線、常磐線のほか、京成電鉄線も乗り入れています。根津エリアへは、東京メトロ千代田線「根津」駅、「千駄木」駅が便利です。
羽田空港から:電車で55分
成田空港から:電車で1時間20分
新宿駅から:JR山手線で「日暮里」駅まで20分。
東京駅から:JR山手線で「日暮里」駅まで12分。

下町の懐かしさを味わう谷中銀座

谷中銀座商店街は全長170mの通りに約70の店舗が立ち並んでいます。この地域のほとんどが古き良き東京の面影をそのまま残しており、まるで昭和の街並みを歩いているような気分に。和菓子や工芸品店に立ち寄るのもよし、芋けんぴや焼き栗、イカ焼きなどを買って食べ歩きもよし。夕暮れ時には谷中商店街と日暮里駅の間にある「夕やけだんだん」へ足を運ぶのもおすすめ。階段上から夕焼けに染まる街並みを眺めることができます。

街の魅力を生かしたアートの発信地

谷中・根津エリアではアート巡りも楽しみのひとつです。木造アパートを改造したカフェ&ギャラリー「HAGISO」や、銭湯がアートスポットとして生まれ変わった「SCAI THE BATHHOUSE」では、国内外の芸術家による現代アートの魅力を発信しています。そのほかにも、彫刻家・朝倉文夫の住居兼アトリエが美術館になった「朝倉彫塑館」や、大正ロマンを象徴する画家、竹久夢二の作品が展示された「竹久夢二美術館」、江戸時代の機械時計が展示された「大名時計博物館」など、アートスポットが満載です。

谷中・根津の歴史といまを感じるスポット

数々の著名人の墓碑が並ぶ「谷中霊園」は散策にぴったりのスポット。春には桜が咲き誇り、淡いピンク色に彩られた光景を見ることができます。「根津神社」の境内には千本鳥居や徳川綱吉公が造営した社殿などがあります。つつじの名所としても知られ、毎年4月に開催される「文京つつじまつり」の期間中は大勢の人たちで賑わいます。
「上野桜木あたり」は築約100年の古民家3軒を改装してできた交流スポット。個性的なお店や定期的に行われるワークショップなど、地域の多目的複合施設です。

近くの見どころ