お気に入り

私の東京ガイド

興味のあるページを見つけたら、ハートをクリックしてあなたの「お気に入り」に追加しましょう!

ここから本文です。

更新日:2018年4月2日

電気街、サブカルチャーの聖地に多くの人が集う

日本屈指の電気街として知られる秋葉原。電気製品やIT製品の店舗がひしめく一方で、ゲームやマンガ、アニメに関するショップが集まるサブカルチャーの拠点であり、人気アイドル、アニメキャラクターなどのコスチュームに身を包んだ「コスプレイヤー」の聖地とも呼ばれています。秋葉原の通りを散策し、独自の文化に触れてみましょう。

ポイント

  • 家電量販店や専門店でお得にショッピング
  • ゲーム、マンガ、アニメなどサブカルチャーの拠点
  • 人気アイドルや「コスプレイヤー」たちに出会う 

行き方

都心に位置する「秋葉原駅」には、JR山手線、京浜東北線、総武線と東京メトロ日比谷線が乗り入れています。
羽田空港から:リムジンバスで50分、電車で45分。
成田空港から:リムジンバスで2時間、電車で1時間30分。
新宿駅から:JR総武線で秋葉原駅まで18分。
東京駅から:JR山手線で秋葉原駅まで4分。

世界中から人々が集う電気街

秋葉原の中央通り界隈には、大型の家電量販店が建ち並んでいます。また、「秋葉原ラジオ会館」や「秋葉原ラジオセンター」にはキャラクターグッズやアイドルグッズ、アマチュア無線、電子機器、電子部品など様々なジャンルの専門店が建物内にひしめいており、専門家やマニアだけでなく、秋葉原の名所として世界中から多くの人が訪れています。

サブカルチャーの聖地巡りを楽しむ

秋葉原は、マンガ、アニメ、ゲームやフィギュアなどのサブカルチャーのルーツであり、「秋葉原ラジオ会館」「AKIBAカルチャーズZONE」などの「聖地」と呼ばれる専門店が多くあります。人気の「ガンダムカフェ」の棚にはキャラクターグッズが並び、「東京レジャーランド」には床から天井まで積まれたガシャポンがあります。

ポップカルチャーの魅力を発信

秋葉原はアイドル文化の拠点でもあります。「AKB48劇場」は、人気アイドルグループAKB48の活動拠点で、ファンがアイドルに会いに行ける場所として人気を誇っています。また、週末になると大通りにはさまざまなキャラクターに扮したコスプレイヤーが集まり、見物客でにぎわいます。コスプレ専用のスタジオもあり、コスプレをして撮影を楽しむこともできます。

近くの見どころ