お気に入り

私の東京ガイド

興味のあるページを見つけたら、ハートをクリックしてあなたの「お気に入り」に追加しましょう!

ここから本文です。

更新日:2018年4月2日

東京東部の海辺エリア・葛西はアトラクション満載!

東京都と千葉県の境に位置する東京東部の海辺エリア・葛西。葛西には、ピクニック、釣り、ハイキングが楽しめる、都心では見られない広大な敷地の「葛西臨海公園」があります。また、公園内には、何百ものカラフルな海洋生物が集まる「葛西臨海水族園」も。海辺ならではの健康的な1日を過ごすことができます。

ポイント

• 野鳥の聖域とそびえ立つ観覧車がある、海沿いの「葛西臨海公園」でリラックス
• 「葛西臨海水族園」でかわいいペンギンを見る 

行き方

葛西エリアへの最寄駅は、東京メトロ東西線の「葛西」駅です。公園やアトラクションには、JR京葉線の「葛西臨海公園」駅が一番便利です。
羽田空港から:「葛西」駅まで電車で1時間、またはリムジンバスで40分。
成田空港から:「葛西」駅まで電車で1時間45分、または高速バスで1時間。
新宿駅から:JR山手線「高田馬場」駅で東京メトロ東西線に乗り換え、「葛西」駅で下車。全体で約45分かかります。
東京駅から:地下鉄丸ノ内線「大手町」駅で東京メトロ東西線に乗り換え、「葛西」駅で下車。全体で約35分かかります。

海辺エリアならではのレクリエーション

約80万6千平方メートルの「葛西臨海公園」は、大観覧車のある「芝生広場ゾーン」「水族館ゾーン」「鳥類園ゾーン」、そして夏には大勢の水遊び客で賑わう「人工渚」などがあり、その規模は東京都市圏で最大クラスです。公園はとても広いので、園内を走る乗り物「パークトレイン」を活用するのがおすすめ。景色をゆったり眺めたければ、丘の上のレストハウス「クリスタルビュー」や大観覧車がおすすめです。

「葛西臨海水族園」の人気者ペンギン

「葛西臨海公園」内には、公園のどこからでも見えるほどの巨大なガラスドームの「葛西臨海水族園」があります。水族館の水槽内には600種を超える海洋生物が生息し、とくにペンギンの展示で有名です。フンボルトペンギン、イワトビペンギン、フェアリーペンギン、オウサマペンギンがはしゃぎ回る姿は、子どもでなくとも楽しめます。

必見スポット