お気に入り

私の東京ガイド

興味のあるページを見つけたら、ハートをクリックしてあなたの「お気に入り」に追加しましょう!

ここから本文です。

更新日:2018年4月2日

文化、自然、ショッピングを楽しめる東京西部

「町田」は、昔ながらの趣と今らしさが共存する町。公園や庭園もたくさんあります。レトロな商店街で食事やショッピングを楽しみ、ミュージアムや歴史的建築物で日本の歴史に触れるのもいいでしょう。

ポイント

  • 芹ヶ谷公園をはじめとする公園や庭園を散策
  • 町田市立国際版画美術館でアートに触れる 

行き方

町田とその周辺にある公園、庭園、ショップへのアクセスは、JR横浜線または小田急の小田原線にある町田駅です。
羽田空港から:電車で約1時間20分。
成田空港から:電車で約2時間35分。
新宿駅から:小田急線の急行または快速急行で約40分。
東京駅から:JR中央線の快速または中央特快で新宿駅へ行き、小田急線の快速急行または急行電車に乗り換え。(所要時間:およそ1時間)

「町田リス園」で童心に帰る

「町田リス園」の放し飼い広場では、約200匹のかわいらしいリスがお出迎え。小さな子どものいる家族には最高のスポットです。リスの他にも、ウサギ、モルモットに餌やりができるほか、人気者のカメも見られます。

リス園のすぐ隣には「町田薬師池公園」があります。この公園ではピクニックができ、シーズンごとに異なるさまざまな花を楽しめます。とくに春は、桜のお花見スポットとして人気の場所です。4月中旬から5月にかけては、ぼたん園へ。5月から6月にはアヤメ、7月から8月にはハス、7月から11月にはダリアが見ごろとなります。
公園散策の後は、「天然温泉ロテン・ガーデン」で心身をリラックス。天然温泉をはじめ、さまざまなお風呂や塩サウナを楽しめます。

木版画美術館と旧・白洲次郎&正子邸

「芹ヶ谷公園」の隣接する「町田市立国際版画美術館」では、木版画の歴史に触れることができます。そのコレクションは8世紀にまで遡り、木版画がどのように発展してきたか紹介しています。カフェに立ち寄り、ドリンクや食事を楽しみながら、公園のパノラマビューを楽しんでください。
住宅街に佇む「武相荘」は、かつて政治家として活躍した白洲次郎と彼の妻である作家、白洲正子が所有していた家です。現在、この家は博物館となっており、彼らの生活ぶりや昔の東京を感じられる品々を保存しています。静かなカフェでは、正子のオリジナルレシピによるメニューをいただくことができます。

「西のアメ横」でショッピング

町田には「東急ハンズ」など大きなショッピングビルがありますが、レトロな雰囲気を味わうなら昔ながらのアーケード街「町田仲見世商店街」へ行ってみましょう。「西のアメ横」と呼ばれるこの商店街では庶民的な店が軒を連ね、絶品グルメからハンドメイド雑貨まで、さまざまな品が揃っています。焼き小籠包やパイナップルラーメンが、とくに有名です。

近くの見どころ

 

ホーム > 東京エリアガイド > 多摩 > 町田市周辺エリア