お気に入り

私の東京ガイド

興味のあるページを見つけたら、ハートをクリックしてあなたの「お気に入り」に追加しましょう!

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、東京都内の観光施設等が一時休業・営業時間変更となったり、イベントが中止または延期となる場合があります。最新情報は、各施設・イベントの公式ホームページ等でご確認ください。

心温まる料理や温泉、イルミネーションを堪能

寒さ対策としてマフラーや手袋、ダウンジャケットなどを着用しましょう。イルミネーションがきらめく街を散策したり、伝統行事に参加したり、冬ならではの料理を味わったりと、この時期ならではの東京を満喫しましょう。空気が澄んで見える冬は、展望台から街を眺めるのもおすすめです。

ポイント

  • 平均気温は0~8ºC。厚手のジャケットやマフラー、冬用の帽子を身に着けましょう。
  • 冬は低湿で、空気は澄み渡っています。そのため東京スカイツリーの上からは、富士山のシルエットを見ることもできます。 

心温まる煮込み料理の数々

夏は屋外でのバーベキューや冷たい麺類などが人気ですが、冬には味わい深い煮込み料理や鍋類が歓迎されます。

ほっとする鍋を楽しむ

冬の風物詩として知られる鍋料理。力士たちが味わう鍋として有名な「ちゃんこ鍋」は主に両国国技館がある両国エリアで、韓国風の「キムチ鍋」は韓国料理店が建ち並ぶ大久保エリアで味わえます。またホルモンを煮込んだ「もつ鍋」は渋谷浅草などあらゆるエリアで楽しめます。

おでんで温まる

東京のみならず日本の冬のソールフードといえば「おでん」。出汁で煮込んだ肉や卵、大根などを味わって体を温めましょう。庶民的な味をもとめるなら赤羽一番街商店街へ、高級感をもとめるなら銀座エリアへ出かけましょう。おでんはコンビニエンスストアでも販売されています。

イルミネーションが街を包む

クリスマスから翌年のバレンタインデーにかけて、街中が豪華なイルミネーションとクリスマスの装飾で彩られます。人気のイルミネーションは、都心部の「カレッタ汐留」、六本木の「東京ミッドタウン」、表参道、銀座、恵比寿のメインストリートに飾られたイルミネーションの並木道と、中目黒の目黒川沿いのイルミネーションです。

冬のイルミネーションガイド

銭湯や温泉で体を温める

冬はお風呂に浸かって体を温めましょう。東京には数多くの銭湯や温泉があります。

「温泉&銭湯」 

祭り

夏には活気ある祭りや舞踊、花火の打ち上げなど、冬にも風習や催しがたくさんあります。

初詣

「明治神宮」の初詣には全国から多くの人が訪れます。参拝は二拝二拍手一拝(二礼二拍手一礼)が基本です。

節分

「立春」の前日にあたる日に、邪気などを落として幸運を呼び込むことを願いながら豆をまき、厄を払い福を招く行事。「増上寺」は豆まきが体験できるほか、露店のグルメも楽しめます。「浅草寺」では観音さまの前には鬼がいないという考えから、掛け声は「千秋万歳福は内(せんしゅうばんぜいふくはうち)」といいます。各地の神社仏閣で行われますが、来場者の多い「増上寺」や「浅草寺」、「大國魂神社」、「神田明神」などでは著名人が豆をまき、福を届けてくれます。

12月のイベント

一覧を見る

1月のイベント

一覧を見る

2月のイベント

一覧を見る

その他の冬の楽しみ方

 

もっと知る