お気に入り

私の東京ガイド

興味のあるページを見つけたら、ハートをクリックしてあなたの「お気に入り」に追加しましょう!

ここから本文です。

更新日:2019年10月11日

3月下旬、東京の街はピンク色に染まります

春の訪れとともに、桜を楽しむ季節が始まります。都内の随所で桜が見頃を迎えると、人々はピクニックやお花見を楽しみ、店には花見弁当や桜風味のお菓子、桜の花びらのフレーバーワインなどが並びます。花の種類によって開花時期は多少異なりますが、東京での桜の見頃は3月下旬から4月上旬です。桜の柔らかな香りが漂い、街全体が華やかな雰囲気に包まれます。

ポイント

  • お花見シーズンのホテルの確保はお早めに
  • 初春の天気は不安定なので、アウターやレインコートを持参しましょう
  • 特別な花見弁当が花見を優雅に盛り上げます
  • レジャーシートや簡単なピクニックグッズはコンビニや100円ショップで手に入ります
  • 混雑を避けたいときは平日にお花見を計画しましょう

桜に惹かれる理由

桜は春の訪れを告げる花ですが、それだけではありません。桜の花が美しく満開になるピークはたったの数日間であることから、美しさと儚さを印象付けます。

また、春は卒業や就職など、人生の大きな変化がある季節です。桜はさまざまな出発の象徴であり、入学式など晴れの日の舞台を飾る花でもあります。

満開の桜を存分に楽しむ

桜の花は開花から満開になるまで、約2週間咲き続けます。比較的涼しい山の上では桜の開花が遅いので、ハイキングと花見が同時に楽しめます。

川沿いを染める桜を愛でながら「隅田川」や「目黒川」の川岸を散歩したり、「上野公園」や「井の頭公園」、「千鳥ヶ淵」の池でボートを借りて、漕ぎながらお花見をしてみましょう。

都内の桜映えスポット

東京の夜桜ガイド

都内の随所で咲き誇る桜。写真映えするお花見スポットもたくさんあるのでぜひ訪れてみましょう。

「千鳥ヶ淵」で桜の花びらが浮かぶ池をボートが行き来する様子は東京を代表する春の風景です。

中目黒では目黒川沿いの桜が一斉に咲き揃い、川沿いのオープンカフェテラスでくつろぎながら花見を楽しめます。夜は桜がライトアップされ、屋台も出てお祭りムードに包まれます。

「小石川後楽園」の美しいしだれ桜は究極の写真スポットのひとつです。家族連れなら「飛鳥山公園」や「昭和記念公園」で花見と一緒にレジャーを楽しみましょう。

お花見をより楽しむために

東京の桜は江戸時代に植えられたものが多く、少しずつ弱くなってきています。長い間桜をたのしむために、花を摘んだり、枝を曲げたり折ったり、木に登ることは絶対にしてはいけません。また、多くの公園が21時頃に閉園になります。「千鳥ヶ淵」などの人気のある桜の名所では、桜の下で立ち止まったり、座り込んで見ることはできません。ルールを守ってお花見を楽しみましょう。

人気のイベント

キーワード

ホーム > ストーリー&ガイド > 東京の桜・お花見ガイド