お気に入り

私の東京ガイド

興味のあるページを見つけたら、ハートをクリックしてあなたの「お気に入り」に追加しましょう!

ここから本文です。

更新日:2021年3月4日

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、東京都内の観光施設等が一時休業・営業時間変更となったり、イベントが中止または延期となる場合があります。最新情報は、各施設・イベントの公式ホームページ等でご確認ください。

東京の桜の時期

3月下旬から4月上旬にかけて、への情熱が街を包むにつれ、東京は変わります。今年は暖かいため、開花の日程は例年よりも早まりそうです。このサイトでは、2021年の最新の開花予報と、春の美しい象徴である桜を愛でるのに最適な場所をご紹介します。
東京での桜の季節は何千本もの桜が一斉に咲き始め、通りを美しいピンクの色合いで覆います。人々は花見をするために公園に集まったり、写真を撮るためにピクニックに出かけます。 店では、桜をテーマにした桜弁当やピンクの桜風味のドリンクなどの商品が売り出されます。冬を振り払うかのように、明るい雰囲気が街に溢れ出します。

Cherry blossom
hanami parties

2021年の桜予報

毎年、年が明けると桜の開花予報が心待ちにされます。テレビの全国放送を見て、視聴者たちはお花見に最適なタイミングを予測します。
2021年の東京での桜の開花は3月21日頃と予測されています。例年、開花から満開までは1週間から10日ほどです。
(開花予想は2021年2月10日時点、日本気象協会による発表データより)

東京で一番の桜祭りと最適なお花見スポット

東京には有名なお花見スポットから隠れた名スポットまで様々ありますが、花見体験を満喫したいなら活気あるお祭りの雰囲気に浸ることをお勧めします。東京人たちと共に桜のはかない美しさを愛で、春の到来を歓迎し楽しい時間が過ごせる人気のイベントを3つご紹介します。

中目黒桜まつり

流行に敏感でありながらかつのんびりした雰囲気の中目黒地域にはおしゃれな喫茶店やカフェが軒を連ねていますが、普段は静かな川沿いも、春の季節になると通り沿いに提灯が飾られ、飲み物や軽食を販売する屋台が立ち並び、大勢の人が訪れ、まるでお祭りのような雰囲気に一変します。3.8キロメートルにわたって800本もの桜の木が川沿いに並び、川の上に薄いピンク色のアーチを描く光景は、人々を惹きつけます。桜の花が川面に映り揺らめく光景を、川にかかる橋から眺めることができます。現実とは思えないほど素晴らしい写真が撮影できます。
※2021年は祭り開催中止

Sakura trees and petals on the Meguro river
Meguro river sakura and lanterns at night

六義園

夜桜」はぜひ体験しておきたいイベントです。桜の花がライトアップされることで幻想的な美しい光景を創り出します。とくに有名なのは、六義園のしだれ桜です。この庭園は1702年に、将軍の臣下であった大名、柳沢吉保が、和歌に詠まれた景観をもとに造り上げました。庭園内の正門をくぐると、樹齢70年の荘厳なしだれ桜が目に入ります。桜の季節になると現在もなお淡いピンクの花を咲かせ、地面に向けて滝を描くように垂れ下がります。

Weeping cherry blossoms in Rikugien Gardens
Gate and cherry blossoms in Rikugien Gardens

SAKURA FES NIHONBASHI/OFF TO MEET

日本橋は江戸時代(1603-1868年)に商業中心地だった地域で、現在は高級店や大手金融機関が多く存在しています。COREDO室町テラス大屋根広場では、音色で8000枚の葉が色とりどりに輝く桜のアート作品「The Tree Of Light―灯桜―」が見られます。そして、コレド室町1と 2の間の仲通りでは、言葉をテーマにしたインスタレーション作品「Nihonbashi Art Street -コトバナミキ-」を楽しむことができます。その他、地元の170店舗が桜をテーマにしたメニューを提供する「Sakura Menu Walk」や江戸桜通り、中央通り沿いの各施設の桜色のライトアップも必見です。

SAKURA FES NIHONBASHI THE TREE OF LIGHT
SAKURA FES NIHONBASHI NIHONBASHI ART STREET
the pink-colored illuminated buildings

墨堤さくらまつり

お城のお堀や水路に沿って桜の木が並び、水面に映る桜の花が美しい光景を増長させているのを見かけたことがあるかもしれません。東京東部にある隅田川も例外ではありません。江戸時代に第8代将軍徳川吉宗が川の両岸に桜を植樹するよう命じ、吾妻橋から桜橋まで1キロに及ぶ桜並木が誕生しました。この桜並木は大勢の人々を何世紀にもわたって魅了し続けています。ここ最近は地元の町会や企業が屋台を出しているほか、観光協会までもが屋台を出店して美しい名所をアピールしています。夜は桜の花がライトアップされ、背景には東京スカイツリーも見えるというおまけ付きです。
※2021年は祭り開催中止
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、飲食を伴う宴会等はお控えください。

Bokutei Sakura-matsuri Festival

墨堤さくらまつり

千代田のさくらまつり

皇居のすぐ北にある千鳥ヶ淵緑道は、街の喧騒から離れた静かな遊歩道で、春になると700メートルに及ぶ桜のトンネルになります。約260本のソメイヨシノやオオシマザクラが夕暮れ時にライトアップされます。千鳥ヶ淵ボート場も祭り期間中はいつもより遅い時間まで営業しているため、訪問者は幻想的な光景を水上から鑑賞することもできます。近隣の店や地元の団体も桜をテーマにしたイベントを開催し、春の祭りの雰囲気を盛り上げます。
※2021年は祭り開催中止

Sakura Festival in Chiyoda

千代田のさくらまつり

うえの桜まつり

上野恩賜公園は、東京で最も人気のあるレジャースポットの一つで、様々な博物館や、魅力的な不忍池、さらには動物園まで備えています。メイン通り沿いの桜並木は全国的に有名で、著名な俳人、松尾芭蕉の俳句でも詠まれています。

Ueno Sakura Matsuri

うえの桜まつり

小金井桜まつり

小金井桜まつりにはすべてがそろっています。「江戸東京たてもの園」で開催されるというだけでも歴史色のある楽しい観光になりますが、そのうえ、小金井公園には約50種類1,700本以上もの桜の木が植えられています。音楽、ダンス、和太鼓のパフォーマンスから茶席や生け花体験まで、様々なイベントを楽しむことができます。屋台で地元のグルメや地域の名物を味わい、夜には特別にライトアップされる桜をお楽しみください。
※2021年は祭り開催中止

Koganei Cherry Blossom Festival

小金井桜まつり

人気のイベント

 

もっと知る