お気に入り

私の東京ガイド

興味のあるページを見つけたら、ハートをクリックしてあなたの「お気に入り」に追加しましょう!

ここから本文です。

更新日:2018年4月2日

日本の国技である相撲の魅力

大相撲が開催される「両国国技館」は東京の東に位置する両国にあり、15日間の本場所が年に3回開催されます。ぜひチケットを購入して迫力ある相撲を見に出かけましょう。

ポイント

  • チケットは本場所の約1カ月前から予約可能。詳細はこちらから
  • 力士の料理として知られるちゃんこ鍋の店が両国エリアには点在しています

相撲の歴史

千年もの昔、相撲は元来神道の神々に捧げる儀式でした。ルールや取り決めは時代ごとに進化してきましたが、現在見られる相撲は江戸時代(1603-1867年)に行われていたものとほぼ同様です。

東京での興行日

「両国国技館」で行われる年3回、15日間の本場所は1月、5月、9月に行われます。各月の第2日曜日が初日で、15日後が千秋楽です。初日と千秋楽、さらに中日となる週末は非常に混雑しますが、それ以外の平日は比較的チケットが取りやすいです。

チケットの価格

チケットの価格は土俵からの近さで決まります。標準的なイス席は1人4,000円程度。土俵に近い枡席は、4人のグループでの申し込みが必要です。4人用枡席の価格は約40,000円からです。

観戦方法

本場所中は朝から取組が行われますが、番付上位の力士による取組は夕方4時頃から始まり6時頃に終わります。

ホーム > ストーリー&ガイド > 初心者のための相撲観戦ガイド