お気に入り

私の東京ガイド

興味のあるページを見つけたら、ハートをクリックしてあなたの「お気に入り」に追加しましょう!

ここから本文です。

更新日:2020年11月25日

美しく復元された東京駅丸の内駅舎の赤レンガの外壁は、東京で最も印象的な建築物の一つであり、近隣にそびえ立つガラス張りや鉄筋の高層ビル群とのギャップが特徴的です。その後ろには東京の交通の主要中心地があり、北は函館、南は福岡まで新幹線で結んでいます。駅構内は買い物や食事をする場所が豊富なうえ、周辺エリアには、丸の内の堂々たる金融街から江戸の繁華街として発展した日本橋まで、東京の最高の名所があります。電車を降りて、西方面にある皇居へ向かうなら丸の内出口を出てください。東方面に位置する銀座と日本橋の繁華街へ向かうなら、八重洲出口を出ましょう。

すべての旅行者が通る中央駅

東京駅は、すべての旅行者がいずれかのタイミングで必ず通るといっても過言ではないでしょう。電車の数において日本で最も忙しい駅であり、新幹線のネットワークを通して全国を結び、京都などの主要目的地への列車が定期的に発車しています。成田空港と羽田空港へのアクセスも抜群で、東京西方面への主要乗換ターミナル駅である新宿駅からも15分しか離れていません。

詳細については、以下のリンク先の地図をご覧ください。

東京駅に入ってくる路線

東京駅は、交通拠点として、都内でも最も接続の良い駅の一つです。東京で環状運転を行い、最も賑わっている魅力的な商業エリアをいくつも通るJR山手線の主要な乗降駅でもあります。また、丸の内線も通っており、銀座、新宿、池袋まで乗り換えなしで行けます。東京から出たい人は、新幹線に乗り、北は北海道、南は九州まで移動できます。東京駅は、東京そして日本各地への玄関口なのです。

バス

東京駅八重洲方面の出口を出ると、日本全国の主要都市行きの直行バスが利用できます。東京の2つの主要空港へ向かうバスもここから出ています。

成田へ向かうには、エアポートリムジンやTYO-NRTなどの長距離バスが1時間に数本運行しており、早朝/深夜の時間帯は本数が減ります。所要時間はおよそ1時間20分です。

羽田へ向かうには、エアポートリムジンや京浜急行バスなどの長距離バスが1時間に数本運行しており、早朝/深夜の時間帯は本数が減ります。所要時間はバス会社や行き先ターミナルによって異なり、30分から55分かかります。

一般的に、運賃は早朝/深夜は割高になります。オンラインで予約をするか、乗車当日に切符を購入することもできます。

迷路のようなショッピング街

東京駅はまさに買い物天国。駅構内にも改札を出た先にもショッピングエリアが所狭しと密集しています。食料品、土産品、さらにはファッション用品まで豊富なグランスタを見て回りましょう。東京キャラクターストリートがある東京駅一番街を探索しましょう。180の店舗が並ぶ地下ショッピングモール、八重洲地下街を歩いてみましょう。あるいは、高級品を扱う都内最大規模のデパート、大丸東京店に立ち寄ってみるのも良いでしょう。

本格的なリテールセラピー(訳注:ストレス発散や気分を明るくするためのショッピング)が必要なら、丸ビル、新丸ビル、KITTE、丸の内ブリックスクエアに向かいましょう。いずれも東京駅の周辺に集まっています。

東京駅一番街

東京駅地下モール(八重洲地下街)

八重洲地下街は、180の店舗を誇る日本最大級の地下ショッピングモールです。そのうち60店舗は飲食店で、いつでも空腹を満たし、買い物中の燃料補給ができます!ファッション分野では、デイリーウェアからスポーツ用品、メガネやオーダーメイドシューズなど、何でもそろっています。その他、家庭用品、ドラッグストアもあります。

グランスタ

地下に位置するグランスタは、東京駅構内最大規模のショッピング&グルメ施設です。改札内外にわたり、プレゼントやお土産、化粧品、衣類、食事を、次の目的地に向かう途中で簡単に調達できる場所です。

新幹線や成田エクスプレスで移動する予定なら、「駅弁」を選びましょう。日本各地の名物を取り扱っています。また、数えきれないほどのお土産用のスイーツも販売されており、中には世界のチョコレートブランドの店もあります。

グランスタ

東京キャラクターストリート

マンガ、アニメ、そして「カワイイ」文化で知られるキャラクターたちは、日本中に存在します。東京駅一番街にある東京キャラクターストリートは、キャラクター商品を買うのに最適な場所です。ハローキティやリラックマなどのほか、世界的に有名なポケモンもあります。日本でしか入手できないキャラクター商品も揃っています。

東京キャラクターストリート

食欲をそそるレストラン街

東京駅にはラーメンから新鮮なお寿司まで、最高のグルメが楽しめます。移動前に軽く朝食をとりたい人にとっても、素晴らしい夜景を眺めながらゆったりとディナーを楽しみたい人にとっても、東京駅はどんな形のグルメでも目的地となり得るのです。

東京ラーメンストリートには、選択肢が山ほどあります。とくに人気なのが、つけ麺で有名な六厘舎。コシのある太麺を濃厚なスープに浸して食します。その後は、東京おかしランドも散策してみましょう。日本のお菓子が集結した安息地です。揚げたてのポテトチップスがテイクアウトできるカルビーのお店をお見逃しなく。

また、日本各地の様々な名物も味わうことができます。富山の白えび亭は、富山産の白えびを使った天丼を提供。名古屋発の矢場とんの店舗では、甘みのある味噌だれをかけた味噌かつが味わえます。弁当を販売しているお店は数えきれないほどあり、その多くは地域の名物を扱った「駅弁」専門店です。

ベジタリアンやビーガンには、T’sたんたんがお薦めです。植物性の食材のみで作ったピリッと辛いゴマラーメンを提供しています。

東京ラーメンストリート
六厘舎のラーメン

丸の内~ヨーロッパ調の賑やかな街並み

丸の内はガラス張りや鉄筋の高層ビル群が印象的なオフィス街として有名ですが、魅力的なショッピング通りが点在しており、ヨーロッパ風の雰囲気を醸し出しています。石畳の並木道、丸の内仲通りでは、高級ブランドショップをのぞいたり、通りに展示される芸術作品(ストリートアート)を鑑賞したり、カフェのテラス席でコーヒーを飲んだりと、いつもと違う世界に誘ってくれます。11月から2月にかけては街路樹がLEDで彩られ、おとぎ話の世界のような夜の雰囲気を創り出します。

丸の内仲通り

丸の内ビルディング

有名なオフィスビルであり歴史的な建造物でもある丸の内ビルディングは、高さ180メートル、地上37階建ての高層ビルで、質の高い小売店や大企業が入居しています。東京駅を見下ろすこのビルは、1923年に三菱グループにより開発され、その年に起きた関東大震災、および後の第二次世界大戦の空襲に持ちこたえたことで有名になりました。

店やレストランを見て回り、その歴史を感じてください。低層階のショッピングフロアは、創設当時の外観を再現しています。別の視点を楽しむなら、ビルの35階や36階に上がれば、街の素晴らしい眺めを楽しみながら食事ができます。

丸の内ビル

丸の内ブリックスクエア

丸の内は大きな建物ばかりと思われていますが、街の喧騒から離れてひと息つける場所もあちこちに隠れています。丸の内ブリックスクエアはまさにその一例で、ヨーロッパスタイルの小さな庭園や噴水、緑の芝生にベンチを備えており、雰囲気に浸って頭上に広がる空を眺めることができます。お腹が空いたらスタイリッシュなレストランがいくつもありますし、中には屋外で食事を楽しめる店もあります。三菱一号館美術館の隣にはいくつかのファッションブティックが連なり、丸の内ブリックスクエアは、コンパクトでありながら、東京の中心部で多目的のレジャースペースを提供しています。

丸の内ブリックスクエア

丸の内トラストシティ

丸の内トラストタワー本館は、37階建ての高層ビルです。ビルの大部分はオフィススペースですが、贅沢を味わいたければ、最上階から11フロアを占有する5つ星ホテル、シャングリ・ラ ホテル東京を予約しましょう。隣には、複数の飲食店が営業している丸の内トラストタワーN館があり、居酒屋から中華料理レストランやビアホールまで、幅広いグルメを提供しています。

ショッピング

ホテル

美術館&博物館

食&グルメ

もっと知る

 

近くの見どころ