お気に入り

私の東京ガイド

興味のあるページを見つけたら、ハートをクリックしてあなたの「お気に入り」に追加しましょう!

ここから本文です。

更新日:2018年4月2日

昔ながらの風情と最新アート&カフェが調和する街

清澄白河は、昔のままの風情を残す「清澄庭園」などの下町情緒と、最新スタイルのカフェが軒を連ねる新しさが共存する街。「木場公園」にある「東京都現代美術館」をはじめ、アートギャラリーの数の多さも東京屈指です。流行のコーヒーショップに立ち寄りながら、のんびりと散策しましょう。

ポイント

• 最新スタイルのカフェでコーヒーを楽しむ
• モダンアートに触れる 

行き方

最寄駅は、東京メトロ半蔵門線と都営大江戸線の「清澄白河」駅です。
羽田空港から:電車で50分。
成田空港から:電車で90分。
新宿駅から:都営大江戸線「清澄白河」駅まで約40分。
東京駅から:東京メトロ丸ノ内線「大手町」駅から東京メトロ半蔵門線に乗り換え、「清澄白河」駅で下車。全体で約30分かかります。

コーヒーブームの中心地

清澄白河は、下町情緒を残しながらも、ここ数年で、東京でも有数のカフェ激戦区に進化しています。注目のカフェをご紹介しましょう。

「ブルーボトルコーヒー」の日本1号店はこの街に。2階建ての古い倉庫をリノベーションした建物も話題になり、オープン時には行列ができました。「アライズ コーヒー ロースターズ」は清澄白河駅からわずか徒歩5分。姉妹店の「アライズ コーヒー エンタングル」も清澄庭園の近くにあります。どのカフェも、先進的なデザインでありつつ、古い街並みと見事に調和しています。他にも、このエリアにはモダンなエスプレッソバーから古典的なコーヒーショップまで、さまざまなスタイルのカフェがあります。

近くの「清澄庭園」を散策した後は、お好みに合わせた一杯のコーヒーをぜひ味わってください。

「東京都現代美術館」周辺にはモダンアートギャラリーが集中

清澄白河は、モダンアートを扱うギャラリーが多いのも特徴です。また、国内最大級のコレクションを誇る「東京都現代美術館」では、ロイ・リキテンシュタイン、オノ・ヨーコ、ミシェル・ゴンドリーの作品など、5つのフロアで現代アートが楽しめます。

「東京都現代美術館」からほど近い「アンドーギャラリー」は、気鋭アーティストの作品が揃うギャラリー。このほかにも、アート作品に間近に触れられる、規模の小さな実力派ギャラリーが存在します。

(東京都現代美術館は改修工事のため休館しており、2019年3月下旬にリニューアルオープン予定です。)

近くの見どころ