お気に入り

私の東京ガイド

興味のあるページを見つけたら、ハートをクリックしてあなたの「お気に入り」に追加しましょう!

ここから本文です。

作成日:2019年5月27日

東京には、子どもも大人も楽しめる絵本のショップやカフェがたくさんあり、雨の日のお出かけ先としてもおすすめです。今回は、日本一の本の街、神保町のブックカフェから国立天文台内にある自然豊かな施設、高円寺の劇場内にある個性的なカフェまで、個性豊かな3施設をご紹介します。

好奇心・感受性を育む都会のオアシス —— 三鷹市星と森と絵本の家

国立天文台の自然豊かな敷地内に、「三鷹市星と森と絵本の家」はあります。大正時代の官舎を活用した一軒家で、約2,500冊の絵本を自由に読むことができ、宇宙関連の読み物や図鑑、昆虫などの生き物や自然に関する本などもあります。ほかに、絵本を通して天文学への興味を広げる手作りの企画展示や、子どもたちに大人気のおままごとの部屋も。広々とした庭には、春にはおたまじゃくしが泳ぐ池やハンモックが吊るされた木々、自然の生態系を大切にした草花が見られ、竹馬や輪まわしなど懐かしい遊びを体験することもできます。子どもたちの好奇心や感受性を育む、都会のオアシスです。

本の街・神保町にある子どもの本専門店 —— Book House Cafe

神保町の老舗洋古書店である北沢書店の1階にある、絵本や児童書の専門店。優雅な雰囲気の店内には1万冊の本が並び、はじめて子どものために本を選ぶ人から絵本マニアまで、さまざまな人が訪れます。絵本作家や画家の原画展や、棚にさりげなく置かれたサイン本など、出版社が多く集まる街の専門店ならではのお楽しみも。昼はカフェ、夜はバーとしても利用することができ、限定メニューのカレーは、じつはカレーの街としても知られる神保町でも指折りの人気店のメニューを「ご近所のよしみで」分けてもらっているのだそう。

劇場内で絵本や音楽、おいしい料理を楽しめる —— カフェ&レストラン アンリ・ファーブル

演劇やダンスなど、舞台芸術作品が楽しめる杉並区の劇場「座・高円寺」。国際的な建築賞を多数受賞している伊東豊雄氏設計による、芝居小屋を思わせる建物の2階に、劇場で運営するカフェ「アンリ・ファーブル」があります。
食事を楽しみながら絵本を読むことができるほか、毎週土曜の午前中には、子どもたちが自分の好きな本を選び、ボランティアの「本読み案内人」さんが一人ひとりに読み聞かせしてくれるイベントも開催。広々とした空間、食事やスイーツ、定期的に行われる地元のジャズミュージシャンによるライブイベントなど、大人もたっぷり楽しめます。公演を楽しむ人だけでなく、より多くの人に開かれた、街の広場のようなカフェにぜひ足を運んでみてください。

Book House Cafe

住所 東京都千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F
営業時間 11:00~21:00
土曜・日曜・祝日:11:00-19:00
休業日 無休
アクセス 半蔵門線、都営三田線、都営新宿線「神保町」駅A1出口より徒歩1分
その他 営業時間・定休日・料金等の最新情報については公式ウェブサイトでご確認ください。
URL Book House Cafe

三鷹市星と森と絵本の家

住所 東京都三鷹市大沢2-21-3 国立天文台内
営業時間 10:00~17:00
休業日 火曜、年末年始(ほかにメンテナンス休館あり)
アクセス JR線「武蔵境」駅、京王線「調布」駅よりバスで約15分、JR線「三鷹」駅よりバスで約20分
その他 営業時間・定休日・料金等の最新情報については公式ウェブサイトでご確認ください。
URL 三鷹市星と森と絵本の家

カフェ&レストラン アンリ・ファーブル

住所 東京都杉並区高円寺北2-1-2
営業時間 11:30~19:00
休業日 火曜
アクセス JR線「高円寺」駅北口より徒歩5分
URL カフェ&レストラン アンリ・ファーブル

ホーム > New & Now > New & Trending > 大人も子どもも楽しめる、東京の絵本専門店、ブックカフェ