お気に入り

私の東京ガイド

興味のあるページを見つけたら、ハートをクリックしてあなたの「お気に入り」に追加しましょう!

ここから本文です。

更新日:2019年10月1日

子規庵

東京都台東区根岸 2-5-11

近代文学を代表する文学者の旧居である子規庵。俳人であり歌人であった正岡子規は、この家で1902年に没するまで過ごしていました。戦火による焼失で再建された建物ですが明治時代にタイムスリップした気分で、この歴史ある建物をめぐりましょう。

行き方

  • 鶯谷駅JR山手線京浜東北線北口徒歩5分

お問い合わせ

キーワード

時間

  • 10:30~12:00
    火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日日曜日祝日

    13:00~16:00
    火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日日曜日祝日

    ※季節・時期による変動あり
  • 定休日: 月曜日年末年始定休日が祝日の場合は翌日が休業
    ※夏季休暇

料金

一般料金:500円

現金

施設情報

  • トイレ施設全面禁煙
  • だれでもトイレ(多機能トイレ)手すり付きトイレ筆談可能

営業時間・定休日・料金等の最新情報については、公式ウェブサイトまたは施設へ直接ご確認ください。

ホーム > 子規庵