お気に入り

私の東京ガイド

興味のあるページを見つけたら、ハートをクリックしてあなたの「お気に入り」に追加しましょう!

50_0131_2.jpg

ここから本文です。

東京の美術館やギャラリーでは、ポップアートから近代以前の傑作まで、多種多様な展覧会が催されています

「森美術館」「根津美術館」「東京国立博物館」「国立新美術館」など、名建築としても名高い東京のアートスポットでは、つねに魅力的な展覧会を開催しています。気になる展覧会をあらかじめチェックして、観光プランに組み込んでみましょう。
展覧会や博物館を回ることが好きな人なら、ぐるっとパスを活用しましょう。 「東京・ミュージアム ぐるっとパス」は、東京を中心とする約100軒の美術館・博物館等の入場券・割引券がセットになったお得なQRコードチケットです。

※営業時間・定休日・料金等の最新情報については公式ウェブサイトでご確認ください。

表示件数

件表示

平成35年10月13日09時16分

森美術館開館20周年記念展 私たちのエコロジー:地球という惑星を生きるために

森美術館

2023年10月18日~2024年3月31日

国際的なアーティストによる歴史的な作品から本展のための新作まで多様な表現を、4つの章で紹介。環境問題をはじめとする様々な課題を多様な視点で考える

※学生、高齢者、障がい者割引あり

一般・当日料金:2,000円

※ぐるっとパスの割引券がご利⽤できます。

平成35年11月15日13時41分

企画展「もじ イメージ Graphic 展」

21_21 DESIGN SIGHT

2023年11月23日~2024年3月10日

近代のグラフィックデザインの歴史を探りながら、特にDTPが主流となった1990年代以降のグラフィックデザインを、日本語の文字とデザインの歴史を前提に紐解いていく

一般・当日料金:1,400円

※学生、障がい者割引あり

平成35年12月15日11時07分

豊嶋康子展 発生法ー天地左右の裏表

東京都現代美術館

2023年12月9日~2024年3月10日

制度や価値観、約束事に対して独自の仕方で対峙し続けてきた作家豊嶋康子の
初期作品から新作まで400 点近くを一堂に集め、その制作の全貌を検証する

一般・当日料金:1,400 円

※学生、高齢者、障がい者割引あり

※ぐるっとパスの割引券がご利⽤できます。

平成35年11月15日14時05分

和田誠 映画の仕事

国立映画アーカイブ

2023年12月12日~2024年3月24日

世界の映画人を描いた挿画や映画をめぐる著書を送り出し、4本の長篇映画を演出したイラストレーター、デザイナー和田誠と映画の結びつきを紹介する

一般・当日料金:250円

※学生、高齢者、障がい者割引あり

※ぐるっとパスで⼊場できます。

平成35年12月15日11時07分

第10回菊池ビエンナーレ 現代陶芸の<今>

菊池寛実記念 智美術館

2023年12月16日~2024年3月17日

2004年度から隔年で開催している陶芸の公募展。今回は応募総数389点の中から入選作53点を展示。制作者の創意と技術が結実した多彩な作品を通し、現代陶芸の「今」を紹介しています。

一般・当日料金:1,100円

※学生、障がい者割引あり

※ぐるっとパスの割引券がご利⽤できます。

平成35年12月15日11時09分

黒崎彰 50年の軌跡

町田市立国際版画美術館

2023年12月21日~2024年3月10日

版画家、そして版画研究家として、日本の版画界を牽引し続けた黒崎彰(1937-2019)の作品30点を展示する

無料

平成36年1月5日14時36分

夢二の旅路 画家の夢・旅人のまなざし

竹久夢二美術館

2024年1月5日~2024年3月31日

生涯の多くの時間を旅に過ごした画家・詩人の竹久夢二。旅に憧れを抱いた少年時代の思い出から、長年願い続けた外遊まで、夢二の旅の軌跡を紹介する

一般・当日料金:1,000円

※学生、障がい者割引あり

平成35年12月15日11時09分

花鳥風月―古伊万里の文様―

戸栗美術館

2024年1月7日~2024年3月21日

自然の美しい風物あるいは風雅な趣を楽しむ風流な行いを意味する「花鳥風月」。古伊万里約80点のうち、花、鳥、風景、月を描いた作品を紹介する

一般・当日料金:1,200円

※学生割引あり

※ぐるっとパスの割引券がご利⽤できます。

平成35年12月15日11時10分

開館20周年記念展/帝国ホテル二代目本館100周年 フランク・ロイド・ライト世界を結ぶ建築

パナソニック汐留美術館

2024年1月11日~2024年3月10日

帝国ホテルの設計等で知られるアメリカ近代建築の巨匠、フランク・ロイド・ライトの未来への提言を、精緻で華麗なドローイングなどを通じて伝える展覧会

一般・当日料金:1,200円

※学生、高齢者、障がい者割引あり

※ぐるっとパスで⼊場できます。

平成35年12月15日11時10分

中国陶磁の色彩 ―2000 年のいろどり―

永青文庫

2024年1月13日~2024年4月14日

永青文庫の設立者、細川護立の蒐集品より重要文化財3点を含む優品を展示し、唐三彩、白磁、青磁、青花、五彩など、色をテーマに中国陶磁を紐解く

一般・当日料金:1,000円

※学生、高齢者、障がい者割引あり

※ぐるっとパスで⼊場できます。

平成35年12月15日11時10分

柳宗悦唯一の内弟子 鈴木繁男展―手と眼の創作

日本民藝館

2024年1月14日~2024年3月20日

その才能を柳宗悦によって認められた工芸家・鈴木繁男の没後20年に合わせ、陶磁器、装幀、漆絵など、手と眼による仕事を顕彰する

一般・当日料金:1,200円

※学生、障がい者割引あり

平成35年12月15日11時11分

特別展「本阿弥光悦の大宇宙」メインビジュアル

特別展「本阿弥光悦の大宇宙」

東京国立博物館

2024年1月16日~2024年3月10日

大宇宙のごとく深淵な本阿弥光悦の世界を、造形の世界の最新研究と信仰のあり様とを照らしあわせることで、総合的に見通す展覧会

一般・当日料金:2,100円

※学生、障がい者割引あり

平成35年12月15日11時11分

建立900年 特別展「中尊寺金色堂」

東京国立博物館

2024年1月23日~2024年4月14日

中尊寺金色堂堂内中央の須弥壇に安置されている国宝の仏像11体を一堂に展示するほか、国宝・金銅迦陵頻伽文華鬘をはじめとする工芸品の数々を紹介する

一般・当日料金:1,600円

※学生、障がい者割引あり

平成35年12月15日11時12分

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵

東京都美術館

2024年1月27日~2024年4月7日

アメリカのウスター美術館のコレクションを中心に、モネやルノワールに代表されるフランス印象派や、ハッサムらアメリカ印象派の作品を紹介し、国境を越えて広がった印象派の受容と展開をたどります。

一般・当日料金:2,200円

※学生、高齢者、障がい者割引あり

平成36年2月15日09時42分

キリスト教交流史ー宣教師のみた日本、アジアー

東洋文庫ミュージアム

2024年1月27日~2024年5月12日

東西の文化交流において重要な役割を担ってきたキリスト教。諸言語で編まれたキリスト教関係の貴重書から、キリスト教を通じた東西交流のあゆみを追う

一般・当日料金:900円

※学生、高齢者、障がい者割引あり

※ぐるっとパスで⼊場できます。

平成35年12月15日11時12分

四百年遠忌記念特別展 大名茶人 織田有楽斎

サントリー美術館

2024年1月31日~2024年3月24日

織田信長の弟・織田有楽斎の四百年遠忌に際し、ゆかりの寺・正伝永源院の寺宝を紹介するとともに、有楽斎にまつわる茶道具の名品や手紙などからその人物像に迫る

一般・当日料金:1,600円

※学生、障がい者割引あり

※ぐるっとパスの割引券がご利⽤できます。

平成35年12月15日11時13分

中平卓馬《「氾濫」より》1971年 東京国立近代美術館 ©Gen Nakahira

中平卓馬 火―氾濫

東京国立近代美術館

2024年2月6日~2024年4月7日

日本の戦後写真を変えた伝説的写真家・中平卓馬の初期から晩年まで約400 点の作品・資料から、今日もなお看過できない問いを投げかける、中平の写真をめぐる思考と実践の軌跡をたどる展覧会

一般・当日料金:1,500円

※学生、障がい者割引あり

※ぐるっとパスの割引券がご利⽤できます。

平成35年12月15日11時13分

生誕300年記念 池大雅—陽光の山水

出光美術館

2024年2月10日~2024年3月24日

文人画の巨匠、池大雅(1723‐76)。幼少より中国の文人文化に憧れた大雅の清らかな人となりを紐解きながら、富士図から中国の名勝図、四季山水図に至るまで、体感的な山水画の秘密を探る

一般・当日料金:1,200円

※学生、障がい者割引あり

※ぐるっとパスの割引券がご利⽤できます。

平成36年2月2日15時46分

三井家のおひなさま京(みやこ)のひなかざり展ポスター

三井家のおひなさま 特別展示 丸平文庫所蔵京(みやこ)のひなかざり

三井記念美術館

2024年2月10日~2024年4月7日

日本橋に春の訪れを告げる恒例の「三井家のおひなさま」展。三井家のひな人形・ひな道具とともに、京都・丸平文庫が所蔵するひな人形を特別展示する

一般・当日料金:1,000円

※学生、高齢者、障がい者割引あり

※ぐるっとパスの割引券がご利⽤できます。

平成36年1月15日15時36分

企画展「魅惑の朝鮮陶磁」/特別企画「謎解き奥高麗茶碗」

根津美術館

2024年2月10日~2024年3月26日

古くから日本の陶磁器に強い影響を与えてきた朝鮮陶磁の歴史を館蔵品で概観するとともに、高麗茶碗の魅力を見つめ直す。展示室2では特別企画として「奥高麗茶碗」の成立の謎の解明も試みる。

日時指定予約制 一般:1,300円

※学生、障がい者割引あり

平成36年1月15日15時37分

展示会メインビジュアル

マティス 自由なフォルム

国立新美術館

2024年2月14日~2024年5月27日

20世紀最大の巨匠の一人アンリ・マティスのフランス・ニース市マティス美術館の所蔵作品を中心に、切り紙絵、絵画、彫刻等の作品や資料、約150点を紹介

一般・当日料金:2,200円

※学生、障がい者割引あり

※ぐるっとパスの割引券がご利⽤できます。

平成36年1月15日15時37分

岩﨑家のお雛さま

静嘉堂文庫美術館

2024年2月17日~2024年3月31日

三菱第四代社長・岩﨑小彌太が夫人のために誂え贈ったといわれる丸平大木人形店・五世大木平藏による雛人形・雛道具を展示する

一般・当日料金:1,500円

※学生、障がい者割引あり

平成36年1月15日15時38分

展覧会チラシ

開館40周年記念 旧朝香宮邸を読み解く A to Z

東京都庭園美術館

2024年2月17日~2024年5月12日

皇族・朝香宮家の邸宅で、国指定の重要文化財である旧朝香宮邸を読み解く展覧会。建築技法、建設に携わった人々、室内意匠や素材等を解説する

一般・当日料金:1,400円

※学生、高齢者、障がい者割引あり

※ぐるっとパスで⼊場できます。

平成36年1月15日15時39分

中国の陶芸展

五島美術館

2024年2月20日~2024年3月31日

漢時代から明・清時代にわたる中国陶磁器約60点を展観。戦国時代の計量道具から、唐三彩の壺、宋時代の砧青磁、明時代の青花・五彩まで、時代順に展示する

一般・当日料金:1,100円

※学生、障がい者割引あり

※ぐるっとパスで⼊場できます。

平成36年1月15日15時39分

生誕120年 安井仲治 僕の大切な写真

東京ステーションギャラリー

2024年2月23日~2024年4月14日

戦前日本の写真表現を牽引した写真家・安井仲治の約20年ぶりとなる回顧展。ヴィンテージプリントを中心に、彼の生涯にわたる仕事を紹介する

一般・当日料金:1300円

※学生、障がい者割引あり

平成36年1月15日15時39分

日本の山海

松岡美術館

2024年2月27日~2024年6月2日

古くから信仰の対象とされ、芸術家たちには恰好の題材であった、日本の山と海を描いた作品を、日本の画家による絵画作品から紹介する。

一般・当日料金:1,200円

※学生、障がい者割引あり

※ぐるっとパスで⼊場できます。

平成36年1月15日15時40分

記憶:リメンブランス ―現代写真・映像の表現から

東京都写真美術館

2024年3月1日~2024年6月9日

国内外の現代作家による写真・映像の意味を問い直すグループ展。人々の「記憶」を、パーソナルな記憶とパブリックなイメージの両面から考察する

一般・当日料金:700円

※学生、高齢者、障がい者割引あり

※ぐるっとパスの割引券がご利⽤できます。

平成36年1月15日15時40分

『シュルレアリスム宣言』100年 シュルレアリスムと日本

板橋区立美術館

2024年3月2日~2024年4月14日

20世紀最大の芸術運動「シュルレアリスム」。東郷青児、福沢一郎をはじめ、シュルレアリスムの影響を受けた作品を通して多様なイメージの展開を紹介する

一般・当日料金:650円

※学生、高齢者、障がい者割引あり

平成36年1月15日15時41分

遠距離現在 Universal / Remote

国立新美術館

2024年3月6日~2024年6月3日

パンデミックをきっかけに考えるようになった社会の在り方、その中の私たちの暮らしや労働など、様々な事象を現代美術を通して考察する展覧会

一般・当日料金:1,500円

※学生、障がい者割引あり

※ぐるっとパスの割引券がご利⽤できます。

平成36年1月15日15時42分

【特別展】花・flower・華 2024―奥村土牛の桜・福田平八郎の牡丹・梅原龍三郎のばら―

山種美術館

2024年3月9日~2024年5月6日

奥村土牛「醍醐」、福田平八郎「牡丹」をはじめ、花の名品を一堂に展示。日本画とともに、梅原龍三郎「薔薇と蜜柑」など、洋画の作品も併せて紹介する

一般・当日料金:1,400円

※学生、障がい者割引あり

※ぐるっとパスの割引券がご利⽤できます。

平成36年2月15日09時42分

春の江戸絵画まつり  ほとけの国の美術

府中市美術館

2024年3月9日~2024年5月6日

豊かな創作の場でもあった仏教の美術。来迎図から伊藤若冲まで、「ほとけの国」で生まれた、美しく、アイデアに溢れた作品を紹介する

一般・当日料金:700円

※学生、障がい者割引あり

※ぐるっとパスの割引券がご利⽤できます。

平成36年1月23日16時23分

ここは未来のアーティストたちが眠る部屋となりえてきたか?――国立西洋美術館65年目の自問|現代美術家たちへの問いかけ

国立西洋美術館

2024年3月12日~2024年5月12日

国立西洋美術館は「未来の芸術」を産み育てる場となりえてきたか――。初の大々的な「現代美術」の展示を通じて美術館の役割について考察する展覧会

一般・当日料金:2,000円

※学生、障がい者割引あり

平成36年1月15日15時42分

@Wada Makoto

日本のグラフィック・デザイナーと版画

町田市立国際版画美術館

2024年3月13日~2024年5月19日

永井一正、横尾忠則、和田誠ら、日本を代表するグラフィック・デザイナーの版画作品を紹介する展覧会

無料

平成36年2月15日09時43分

テレビ朝日開局65周年記念『MUCA(ムカ)展 ICONS of Urban Art ~バンクシーからカウズまで~』

森アーツセンターギャラリー

2024年3月15日~2024年6月2日

ヨーロッパ最大級のアーバン・アート作品を所蔵する美術館「MUCA」のコレクション60点以上が東京初上陸。バンクシー、カウズの代表作も登場する

一般・当日料金:2,400円

※学生、障がい者割引あり

平成36年2月15日09時43分

版画の青春 小野忠重と版画運動展―激動の1930ー40年代を版画に刻んだ若者たち―

町田市立国際版画美術館

2024年3月16日~2024年5月19日

昭和期に活躍した小野忠重を中心に結成された「新版画集団」と、その発展的グループである「造型版画協会」による版画運動の歴史的、美術史的意義を検証する展覧会

一般・当日料金:900円

※学生、障がい者割引あり

※ぐるっとパスで⼊場できます。

平成36年2月15日09時44分

生誕150年 池上秀畝―高精細画人―

練馬区立美術館

2024年3月16日~2024年4月21日

官展内の旧派を代表する画家、池上秀畝の生誕150年にあたり、その人生と代表作をたどり、画歴の検証を行うとともに、新たな視点で旧派の画家にスポットを当てる

一般・当日料金:1,000円

※学生、高齢者、障がい者割引あり

※ぐるっとパスの割引券がご利⽤できます。

平成36年2月15日09時44分

特別展「大哺乳類展3-わけてつなげて大行進」

国立科学博物館

2024年3月16日~2024年6月16日

大好評を博した2019年の特別展「大哺乳類展2」の第三弾。「分類(=わける)」と「系統(=つなぐ)」をテーマに、哺乳類の進化の不思議に迫る

一般・当日料金:2,100円

※学生、高齢者、障がい者割引あり

平成36年2月15日09時45分

歌舞音曲鑑 北斎と楽しむ江戸の芸能

すみだ北斎美術館

2024年3月19日~2024年5月26日

代表作「冨嶽三十六景」を発表する50年前、デビュー当時の葛飾北斎が描いた歌舞伎役者や踊りなど、江戸の芸能をモチーフとした貴重な作品を紹介する展覧会

一般・当日料金:1,000円

※学生、高齢者、障がい者割引あり

※ぐるっとパスの割引券がご利⽤できます。

平成36年2月15日09時45分

北欧の神秘―ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画

SOMPO美術館

2024年3月23日~2024年6月9日

19世紀後半から20世紀初頭にかけての北欧の絵画芸術に焦点を定めた展覧会。ノルウェー、スウェーデン、フィンランドの国立美術館所蔵作品約70点を展示する

一般・当日料金:1,600円

※学生、障がい者割引あり

平成36年2月15日09時45分

企画展「未来のかけら: 科学とデザインの実験室」

21_21 DESIGN SIGHT

2024年3月29日~2024年8月12日

デザインエンジニアの山中俊治をディレクターに迎え、先端技術を具現化するプロトタイプやロボットほか、7組のデザイナー・クリエイターと科学者・技術者のコラボレーションによる作品を「未来のかけら」として展示します。

一般・当日料金:1,400円

※学生、障がい者割引あり

平成36年2月15日09時46分

サエボーグ「I WAS MADE FOR LOVING YOU」/津田道子「Life is Delaying 人生はちょっと遅れてくる」 Tokyo Contemporary Art Award 2022-2024 受賞記念展

東京都現代美術館

2024年3月30日~2024年7月7日

「Tokyo Contemporary Art Award(TCAA)」第4回受賞者のサエボーグと津田道子による展覧会。ふたりの個展を隣り合わせで開催する

無料

平成36年2月15日10時06分

ホー・ツーニェン エージェントのA

東京都現代美術館

2024年4月6日~2024年7月7日

東南アジアの歴史的な出来事、思想に独自の視点から切り込むアーティスト、ホー・ツーニェンの個展。最初期の映像インスタレーション作品のほか、最新作も紹介する

一般・当日料金:1,500円

※学生、高齢者、障がい者割引あり

※ぐるっとパスの割引券がご利⽤できます。

平成36年2月15日09時50分

©Hiromi Matsuo

マツオヒロミ展 レトロモダンファンタジア

弥生美術館

2024年4月6日~2024年6月30日

レトロモダンな世界を美麗に描いて人気のイラストレーター・マツオヒロミの東京初個展。代表作のほか、2024年4月刊行予定の最新刊も展観する

一般・当日料金:1,000円

※学生、障がい者割引あり

平成36年2月27日09時25分

春の優品展 王朝文化へのあこがれ

五島美術館

2024年4月6日~2024年5月6日

平安時代に花ひらいた王朝文化。五島美術館と大東急記念文庫の収蔵品から、当時の古筆をはじめ、絵画など名品約50点を展観し、その雅やかな世界を紹介する

一般・当日料金:1,100円

※学生、障がい者割引あり

※ぐるっとパスで⼊場できます。

平成36年2月15日09時51分

特別展 国宝・燕子花図屏風-デザインの日本美術-

根津美術館

2024年4月13日~2024年5月12日

日本の美術が内包するデザイン性が究極の形で現れている尾形光琳の「燕子花図屏風」をはじめ近世の作品を中心に、デザインの観点から日本の美術を見つめます

日時指定予約制 一般:1,500円

※学生、障がい者割引あり

表示件数

展覧会

一覧を見る