お気に入り

私の東京ガイド

興味のあるページを見つけたら、ハートをクリックしてあなたの「お気に入り」に追加しましょう!

ここから本文です。

更新日:2019年12月20日

古の貴人の伝統に習って、いつもと違った遊び方を楽しむ夜

屋形船は古くからある日本の娯楽です。平安時代には、宮廷の貴族たちが湖や川に船を浮かべ、船上で美味しい食べ物や飲み物を手に取り動植物を眺めたりしていました。あるいは、季節の美しさを和歌に詠んでいたのかもしれません。現代では赤い提灯を下げた屋形船を誰でも楽しむことができます。水上で楽しい時間を過ごすのに、この伝統的な船遊び以上のものはないでしょう。
東京の屋形船の多くは隅田川で運航されており、東京スカイツリーや両国などの周辺から出発し、お台場やレインボーブリッジ、東京湾を巡る周遊コースがメインとなっています。屋形船の事業者はたくさんありますが、貸し切りしかご利用できない場合もあるので、予約前に確認しておきましょう。
90分から3時間ほどのクルージングプランで、料理コースと飲み放題付きのプランや船上でのエンターテイメント付きのプランなど、屋形船は様々な舟遊びの楽しみがあります。ここで日本の伝統文化を楽しく体験できる屋形船を中心にご紹介します。

ポイント

  • 歌舞伎スタイルのパフォーマンスを楽しむ。
  • 木製の和船で伝統的なクルーズに乗る。
  • 芸者の精錬された芸事とその美しさを体験。

御座船安宅丸でクルージング

安宅丸に乗り、ディナーショーを楽しめる東京でのナイトクルーズを満喫しませんか。窓から東京タワーやレインボーブリッジを垣間見ることもできます。景色だけでなく、劇団四季スタイルのパフォーマンスも見逃せません。パフォーマンスには歌舞伎、花魁スタイルの扇を使ったダンス、そして東洋の古典音楽など、伝統的な日本の文化が革新的に融合されています。また、日中にはヘルシーなランチを味わいながら楽しめる所要時間40分間の観光クルーズもあります。

木製の和船に乗る

和船とは、伝統的な長い櫓で漕ぐ小さな舟です。和船の歴史は江戸時代にまでさかのぼり、物資の運搬や人を運ぶ手段として使われていました。江東区は20分の無料乗船サービスを行っており、櫓漕ぎ体験もできます。
乗船場所は、東西線「東陽町」駅より徒歩20分、横十間川親水公園・海砂橋際となります。

写真提供:江東区土木部河川公園課

好みのエンターテイメントが選べる、豪華クルーズ

晴海屋は1901年開業の老舗です。様々な種類の屋形船体験を提供していて、最少人数2名から予約できる屋形船もあります。貸切屋形船の場合は、日本のミュージシャンや、芸者などのパフォーマンスを含む様々なエンターテイメントを予約することもできます。
屋形船のエンターテインメントについてのより詳しい情報はこちら「屋形船」からご確認いただけます。

水上でのナイトライフ

ここまでは料理やエンターテインメントが含まれた屋形船の情報でしたが、目的やシチュエーションに合わせて、東京では多種多様なコースが揃っています。優雅な船旅を満喫しましょう。例えば、夏には多くの屋形船でもんじゃ焼き食べ放題のコースがあります。東京の名物として見逃せません。
また、東京納涼船は夏に運航されるパーティー船です。浴衣を着ていくと対象日に限り割引の特典があります。友達や家族と一緒に浴衣を着て、船で食事やお酒を味わいながら、ロマンチックな東京の夜景を楽しめます。

ほかにも、すぐに役立つアイデアをお探しの場合はこちらおすすめモデルコースの「水辺エリアガイド」を見てみましょう。
最後に:夏に花火大会を屋形船から見学するのは、東京でできる最も素晴らしい体験のうちの一つですが、人気が高いため早めに予約をしましょう。

水辺エリアガイド

ホーム > 東京エリアガイド > 水辺エリア > 近代的な要素の入った、伝統の屋形船クルーズ