お気に入り

私の東京ガイド

興味のあるページを見つけたら、ハートをクリックしてあなたの「お気に入り」に追加しましょう!

ここから本文です。

Updated: February 28, 2019

都会の喧騒を離れてひと休み

歴史ある日本庭園を散策し、オープンエアでお堀を眺めながら食事をし、天然温泉に浸かって1日を締めくくる—昔ながらの佇まいを残す九段下周辺でのんびり。

凡例

  • 徒歩
  • タクシー
  • バス
  • 電車
  • 水上バス

1

昔ながらの佇まいを残す

九段下駅

「九段下」駅周辺には、1964年の東京オリンピックの柔道の競技会場として建設された「日本武道館」をはじめ、歴史にその名を刻んできた建築物がいくつもあります。「九段下」駅には、東京メトロ東西線、東京メトロ半蔵門線および都営新宿線が乗り入れています。

10分

2

江戸の面影を残す

北の丸公園

「江戸城」は19世紀に焼失してしまったとはいえ、旧江戸城の2つの門からの散策は、1日のスタートにふさわしいと言えます。池や緑の木々が生い茂る園内を歩けば、都会の喧騒を忘れ、至福の時を過ごすことができます。ここは、戦後、公園として整備され、一般に公開されるようになりました。春には、お堀にかかる、東京屈指の繊細で美しい桜を堪能できます。モダンアートに興味があるなら、北の丸公園の端にある、「東京国立近代美術館」や「科学技術館」にも足を延ばしてみましょう。

16分

3

オープンエアでのんびりできるレストラン

カナルカフェ

東京の真ん中にあってヨーロッパにいるかのように感じられる「カナルカフェ」は、東京の「リトルフランス」としても知られる神楽坂の端にあります。リゾート地のような雰囲気を楽しみながら、水辺に面したパティオで洋食ランチと飲み物を味わい、足の疲れを癒しましょう。お堀の鯉にエサやりもでき、受付でエサを販売しています。

10分

4

都内で最も古い庭園の1つ

小石川後楽園

都内で最も古い日本庭園の1つに数えられる小石川後楽園にも足を延ばしましょう。1629年に築庭され、1938年に一般公開されるようになったこの公園は、中国の教え「先憂後楽(世の中の人に先立って天下国家のことを心配し、人々が楽しんだあとに楽しむという、政治を行う者の心構え)」から「後楽園」と名付けられました。庭園の歩道を散策すれば、都会の喧騒を忘れて自然に浸ることができます。年間を通して楽しめますが、特に紅葉の時期の風景は格別です。

10分

5

温泉で心も体もリフレッシュ

東京ドーム天然温泉 スパ ラクーア

東京ドームシティの温泉施設「スパ ラクーア」で、1日の疲れを癒しましょう。チェックイン時に渡されるリストバンドで、お風呂や食事など館内すべての支払いが行えます。地下1,700メートルから汲み上げた天然温泉の露天風呂、内風呂、サウナのほかリラクゼーションエリアも充実。上質な時間を過ごせます。

ホーム > おすすめモデルコース > 東京の歴史を巡る水辺散策