お気に入り

私の東京ガイド

興味のあるページを見つけたら、ハートをクリックしてあなたの「お気に入り」に追加しましょう!

ここから本文です。

更新日:2018年4月2日

清澄庭園

東京都江東区清澄3-3-9

野鳥が生息する下町の美しい日本庭園

明治時代に完成した回遊式日本庭園「清澄庭園」。様々な種類の野鳥が生息し、季節の花々やクロマツが池の周囲を覆います。

ポイント

  • 隅田川の水を引いた大泉水に、様々な生物が生息
  • 大きな美術館など文化的な名所が近隣に

明治13年に「深川親睦園」として竣工された後も後造園工事が進められ、隅田川の水を引いた大泉水を造り、周囲に全国から取り寄せた名石を配して、明治の庭園を代表する回遊式林泉庭園「清澄庭園」として完成しました。関東大震災で大きな被害を受けましたが、この時図らずも災害時の避難場所としての役割を果たし、多数の人命を救ったと言われています。

「清澄庭園」は、東京メトロ・都営大江戸線「清澄白河駅」から徒歩3分。徒歩圏内には、「東京都現代美術館」や「深川江戸資料館」などがあり、公園とあわせて立ち寄るのがおすすめです。

行き方

  • 清澄白河駅 | A3出口 | 徒歩3分
    大江戸線 | 半蔵門線

お問い合わせ

時間

  • 9:00~17:00 月曜日~日曜日
    時期によって営業時間が異なる場合があります
  • 最終入園:16:30

料金

大人

150円

都内在住の学生、シニアは割引あり

施設情報

  • トイレ |
  • 車いす対応スロープ | 多目的トイレ | おむつ交換台 | 車いす貸出 | 車いす使用者などの利用に配慮した客室 |

もっと見る

ホーム > 清澄庭園