お気に入り

私の東京ガイド

興味のあるページを見つけたら、ハートをクリックしてあなたの「お気に入り」に追加しましょう!

ここから本文です。

更新日:2018年4月2日

江戸時代の面影が残る東京を探索

荘厳な寺院から枯山水庭園まで、日本の伝統を今に伝える名所が、東京には数多く残っています。東京のレトロな町々を探索して、都心にいながら古き良き日本を味わってみませんか。

ポイント

  • 浅草は朝のうちに出かければ比較的混雑を避けられます
  • 美術館・博物館の定休日を事前に確認しましょう。美術館は月曜休館であることが多いです

浅草

伝統的なお店やお寺を訪れるなら、まずは浅草へ向かいましょう。浅草は江戸時代、有数の門前町でした。ここには都内最古の寺院、浅草寺があり、参道に設けられた仲見世通りにはたくさんのお店が並びます。この参道は日本で非常に古い商店街のひとつです。ここでは、煎餅、箸、扇、こけしなど、伝統的な品物が販売されています。また、近くにある伝法院通り(でんぽういんとおり)も江戸を感じさせる通りとなっています。

両国

両国は相撲の街。相撲部屋、ちゃんこ鍋の店、両国国技館があります。年6回の本場所のうち3回が両国国技館で行われ、館内には相撲博物館もあります。

近くには、刀剣博物館、江戸東京博物館、すみだ北斎美術館といった美術館や博物館も存在します。こうした施設では、日本刀や浮世絵、江戸の生活について学ぶことができます。

谷中・根津・千駄木の人気エリア「谷根千」へ

隣り合う3つの地域、谷中、根津、千駄木を表す「谷根千」は、上野の北側に位置し、古風な趣のあるエリア。細い道や低層の建物が並び、江戸時代の情緒にあふれています。歴史のある根津神社をはじめ100を超えるお寺が点在し、散策にも最適。有形文化財など古い建物が多く残り、飲食店に改装された木造建築や蔵もあります。メインの商店街である谷中銀座を歩いて、地元のスイーツやメンチカツ、コロッケを味わったり、工芸品やお土産店をのぞいてみるのもおすすめです。

キーワード

ホーム > ストーリー&ガイド > 東京の伝統エリアガイド