お気に入り

私の東京ガイド

興味のあるページを見つけたら、ハートをクリックしてあなたの「お気に入り」に追加しましょう!

ここから本文です。

Updated: October 11, 2019

天王洲アイルの水辺でアートな1日を

かつて倉庫街だった20万平方メートルの巨大な島で、ショッピングやアート、建築美やデザインをゆったりと楽しみましょう

ポイント

  • 事前に施設のホームページで営業日を確認しましょう。建築倉庫ミュージアムは月曜休館です
  • 建築倉庫ミュージアムは、作品保護のため、館内の温度が一定に保たれています。体温調節しやすい服装で来館を
  • 天王洲は夜の飲み会やデートに人気のスポット。レストランを事前に予約するか、待ち時間を覚悟して行こう

凡例

  • 徒歩
  • タクシー
  • バス
  • 電車
  • 水上バス
羽田空港や新宿から簡単アクセス

天王洲アイル駅

天王洲アイルの玄関口。東京モノレールと、りんかい線が乗り入れています。

徒歩5分

2

細部まで楽しい、建築模型のミュージアム

建築倉庫ミュージアム

東京モノレールまたは りんかい線の天王洲アイル駅から建築倉庫ミュージアムに向かって歩きましょう。その途中、PIGMENT(ピグモン)に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。ピグモンは建築家・隈研吾氏が竹をテーマにデザインした伝統画材のショップです。ピグモンの先にある建築倉庫ミュージアムは、建築模型に特化した展示施設です。2つの異なる展⽰室では、隈研吾氏や、坂茂氏など、国内外で活躍する海外・⽇本⼈建築家や設計事務所による建築作品のスタディ模型から完成模型までを、会期ごとのテーマに沿って展⽰しています。「学ぶ・楽しむ・ 感動するミュージアム」で模型との新しい出会いを楽しみましょう。(※展示作品は展覧会のテーマによって異なります。詳しくは公式サイトを確認しましょう)

徒歩1分

3

多彩なショップやギャラリーが立ち並ぶおしゃれなストリート

ボンドストリート

かつて保税用倉庫街だったこのストリートには、現在、カフェやショップ、ギャラリーが立ち並び、ショッピングとアートの中枢となっています。通りに点在するカラフルなアートワークも見ることができます。

徒歩1分

4

倉庫をリノベーションした水辺のベーカリーショップ

breadworks 天王洲

倉庫やオフィス、劇場として使われていた建物をリノベーションしたベーカリ-ショップ。サンドイッチやケーキ、ドリンクが朝から夜までいただけます。パンは全て手作りで、毎日焼き立てのフレッシュなパンが並びます。広い店内の屋外には運河沿いのテラス席もあります。

徒歩1分

5

夜も見逃せないフォトジェニックな歩道橋

天王洲ふれあい橋

ボンドストリートから、天王洲アイルと港南公園を結ぶ歩行者専用の橋です。個性的で古風な外観ですが、夜になると周囲のイルミネーションによって雰囲気が一変。数多くのテレビドラマや映画のロケ地として使われてきたフォトジェニックな橋として知られています。

徒歩1分

6

極上のオープンダイニング

水辺のレストランでのんびりと食事を

運河を散策してお腹がすいたら、天王洲アイルのレストランで、水辺の風景を楽しみながら食事をしましょう。クラフトビールや現代的なアメリカのメニューで地元の人達からも人気の「T.Y.HARBOR」をはじめ、たくさんのレストランがあります。

関連記事

ホーム > おすすめモデルコース > 天王洲でアートな1日