お気に入り

私の東京ガイド

興味のあるページを見つけたら、ハートをクリックしてあなたの「お気に入り」に追加しましょう!

ここから本文です。

Updated: October 11, 2019

現代日本の最高峰と対照を成す歴史地区浅草

東京の下町の面影を今なお残す浅草には、浅草寺をはじめとする多くの史跡が残り、東京を縦断する隅田川沿いには人力車を引く車夫の姿もあります。この街の姿は、世界一の高さを誇る、現代日本を象徴する最高峰東京スカイツリーとは対照的です。

ポイント

  • 隅田川沿いの散策やピクニックは、桜が満開になる初春がおすすめ
  • 東京スカイツリーの展望台(有料)から東京を俯瞰
  • 現代のタクシーのような存在だった人力車に乗れば、昔にタイムスリップ。地元のことなら何でも知っている、筋骨たくましい車夫から浅草の歴史を学びましょう

凡例

  • 徒歩
  • タクシー
  • バス
  • 電車
  • 水上バス

1

伝統が息づく

浅草駅

浅草の中心は浅草寺ですが、それ以外にも多くの見どころがあります。ボートや水上バスに乗って穏やかな川沿いの風景を見るもよし、かつては庶民の主要な交通手段として使われていた人力車に乗って、地域の歴史に触れるもよし。日本の伝統工房でお気に入りの逸品を見つけることも、仲見世でお土産を探すのもいいでしょう。「浅草」駅へは、東京メトロ銀座線、都営浅草線および東武スカイツリー線で行くことができます。隅田川の浅草のふ頭には、お台場からの水上バスも停まります。

徒歩5分

2

川岸沿いをのんびり散歩

隅田公園(浅草側)

隅田川の土手を利用した、川と同じ名を持つこの公園をのんびり歩いてみましょう。対岸には、東京スカイツリーのそびえ立つ姿を見ることができます。

徒歩5分

3

歴史的趣と現代とを結ぶ

言問橋

隅田川に架かる「言問橋」を渡ってみましょう。歴史的情緒のある浅草と、現代を象徴する東京スカイツリーとその複合施設とを結ぶ橋です。日中は水上バスが行き交い、夜は東京スカイツリーのイルミネーションが川面に映し出されます。

徒歩5分

4

春と夏の人気スポット

隅田公園(東京スカイツリー側)

桜が満開の時期には、大勢の人たちと一緒にお花見を楽しめます。数百本の桜が咲き誇り、人気の花見スポットであるのもうなずけます。毎年、夏に開催される花火大会の時期には場所取りの人たちで混み合います。

徒歩12分

5

水に親しむ

大横川親水公園

水に親しむというその名の通り、この公園を流れる大横川で、釣りなどのウォーターアクティビティが楽しめます。子どもたちは水遊びができます。

徒歩10分

6

世界一の高さ

東京スカイツリー

2018年現在、634メートルの世界一の高さを誇ります。日が暮れる少し前に行き、昼から夜へと移り変わっていく東京の姿を展望台から眺めてみましょう。晴れた日に見える富士山の眺めも、また格別です。バーチャルリアリティによって、天気が悪い日でも景色を見ることができます。下層階にあるショッピング施設「東京ソラマチ」には300を超えるショップやレストランがあり、1日を締めくくるのにぴったり。土産物店以外にも、プラネタリウム、水族館、郵政博物館もあります。

関連記事

ホーム > おすすめモデルコース > 浅草から東京スカイツリーへ