“招き猫”発祥の地

ここから本文です。

縁結びでも有名な今戸神社

日本では縁起物として親しまれている招き猫。一説によると、招き猫の由来は江戸時代にあり、浅草に住むおばあさんの夢にかつて可愛がっていた猫が現れ、“自分の姿を人形にすれば福徳を授かる”と告げられ、今戸焼で猫の置物を作ったことが始まりとされています。今戸焼は東京の今戸で作られていた素焼きの陶磁器です。境内に「今戸焼発祥の地」の碑が立つ今戸神社は招き猫発祥の地としても知られ、高さ70cmほどの大きな招き猫のほか、撫でると願いが叶うといわれる「石なで猫」、“円満に収まる”ように角を取った丸い形の絵馬などがあり、多くの参拝者が訪れています。今戸神社はイザナギノミコト、イザナミノミコトの夫婦の神様が祀られており、縁結びの神様としても有名です。新しい年の招福と良縁を願って訪れてみてはいかがですか?

今戸神社

住所

東京都台東区今戸1-5-22

時間

9:00~17:00

定休日

なし

交通

東武線・都営浅草線・東京メトロ銀座線「浅草」駅より徒歩15分

問い合わせ

TEL 03-3872-2703 (※対応は日本語のみ)

URL

http://members2.jcom.home.ne.jp/imadojinja/T1.htm(外部サイトへリンク)

ココも注目!

大根と巾着は幸福のシンボル
本龍院 待乳山聖天

夫婦和合や縁結び、子孫繁栄を表す“大根”と、商売繁盛を表す“巾着”のモチーフが随所にあしらわれた珍しい寺院。大根を供えることで聖天さまが体の毒を洗い清めてくださるということから、本堂には沢山の大根がお供えされています。可愛らしい巾着や大根が描かれたお守りも多数揃っています。

本龍院 待乳山聖天(まつちやましょうでん)
●住所:東京都台東区浅草7-4-1
●時間:6:30~16:30 ※4月1日~9月30日は6:00~16:30
●定休日:なし
●交通:東武線・都営浅草線・東京メトロ銀座線「浅草」駅より徒歩10分
●問い合わせ:TEL 03-3874-2030 (※対応は日本語のみ)