お気に入り

私の東京ガイド

興味のあるページを見つけたら、ハートをクリックしてあなたの「お気に入り」に追加しましょう!

ここから本文です。

更新日:2020年11月25日

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、東京都内の観光施設等が一時休業・営業時間変更となったり、イベントが中止または延期となる場合があります。最新情報は、各施設・イベントの公式ホームページ等でご確認ください。

桜について

サクラ属の木の花には、様々な種類が存在します。桜の品種は、日本、中国、韓国、ネパール、インド、パキスタン、イラン、アフガニスタン、および北ヨーロッパのいくつかの地域を含む、温暖な気候の北半球の地域で特に一般的です。
日本は様々な種類の桜と、開花時期のお花見でとても有名です。日本各地の公園や通りで桜が咲くと、ピクニックやお花見会を開き、桜の花の儚い美しさに感謝し、暖かい気候の到来を歓迎します。国中が桜に熱中すると言っても過言ではありません。

桜

様々な種類の桜が異なるタイミングで花開きますが、東京では大半の桜が3月の終わりから4月の初めにかけてピークを迎えます。この期間、街の雰囲気は変わります。春が新しい生命と新しい始まりをもたらすのと同じように、桜の柔らかな香りは活気と楽観を街にもたらします。桜は日常会話の話題となり、通りで立ち止まって桜の写真を様々な角度から撮影している人たちの姿を見かけます。店では商品や内装がピンクの花の装いに変わり、桜風味のお菓子やドリンクがメニューを彩ります。桜をテーマにしたスターバックスのドリンクには熱狂的なファンがいます!
桜祭りは日本各地の多くの公園や城の敷地内で開催されますが、その美しさは世界の国々でも高く評価されています。伝統的なアートや絵画、壁紙、そしてタトゥーに至るまで人気を博しているこの繊細ではかない花は、人々の心と想像力を捉えているのです。

花見
桜スイーツ

桜はどこで見られるか?

日本で最も一般的な桜の種類は、二種の掛け合わせである「ソメイヨシノ」です。薄いピンク色を帯びた白い花びらで知られています。よく土手や城の堀に沿って植えられ、水面に映る桜や、土手や道を覆うような桜のトンネルが楽しめます。また、公園や学校でもよく見られます。
東京から電車でわずか2時間半の場所に位置する、伊豆半島南部の河津地域でよく見られる河津桜も美しい品種です。この花は、ソメイヨシノよりも強いピンク色で、ソメイヨシノが咲く約1か月前の2月下旬から3月上旬に咲きます。河津桜まつりは、毎年約100万人が訪れる壮観なイベントです。

春に花見ができない場合でも、桜を見ることができます。「シキザクラ」(文字通り、四季の桜)は、年に2回咲くもので、愛知県で人気の名所では、秋に鮮やかな紅葉と繊細なピンクの桜のコントラストを同時に見ることができます。

四季桜
桜の盆栽

桜の意味と象徴

桜の美学は、日本文化全体の中でも最も顕著なイメージのひとつです。浮世絵の木版画の夢のような風景や、伝統的な屏風に描かれた繊細なデザイン、弁当箱など日用品の絵柄など、至るところで桜のデザインを目にすることができます。現代アートやマンガ、アニメにもよく登場することは言うまでもありません。
この繊細な花が風景にもたらす美しさを謳った言葉や、毎年春に桜を賞賛する人々の思いを象徴する名言は、数えきれないほど生まれています。たとえば、日本の禅僧であり詩人でもあった一休(1394-1481年)の言葉を見てみましょう。「桜の木を切ってみても、その中に花は見当たりません。しかし、春の風が吹くと、無数の花が咲くのです。」
桜の人気の理由のひとつは、その象徴性にあります。まるで木の枝を霧の中に包み込むかのように一斉に花咲き、そして、雲のように消えていくことから、雲に似ていると言われます。このようなことから、桜は人生のはかなさを象徴するようになりました。日本文化に古くから根づく仏教の概念「ものの哀れ」~人生に内在する美しさと免れぬ死、その両方を認識するもの。ざっくり訳すと「物事の哀愁」~といった思想を反映しています。

桜は、地域によって開花のタイミングが異なりますが、通常、3月の終わりから4月の初めにかけて咲きます。これはちょうど学年度が終わる時期であり、学生が卒業して社会人の仲間入りをする時期に当たります。ひとつの章が終わり、次の新しい章が始まる時期です。桜は、その開花のタイミングから、多くの日本人にとってこのノスタルジックな感情を体現していると言えます。

招き猫と屏風
桜と卒業

日本の桜

日本において、桜を賞賛し祝う行為は国民的な娯楽であり、東京や本州のその他の都市での桜の開花予報はすでに1月から発表されます。人気のスポットから穴場スポットまで、どこで花見をするかについて話し合います。友人同士、クラスメート同士、同僚同士で、桜を楽しみくつろぎながら春の訪れを歓迎するために、お花見を企画します。

日本の桜の季節

日本の桜の季節は一般的に3月の終わりから4月にかけてと言われていますが、日本の地理的な範囲から、開花期間は実際には4か月ほどに及びます!
南の沖縄の亜熱帯の島々では1月中旬に桜が咲き始め、2月上旬頃に見頃を迎えます。

次に、九州の鹿児島、熊本といった南部の都市、そして福岡あたりでも、3月下旬頃から咲き始め、4月の上旬に満開を迎えます。
関西に北上し、大阪、京都、奈良などの都市では、3月から4月に移るにつれて花が咲き始めます。
東京や横浜では、3月の最後の数日間に咲き始め、4月の最初の週に満開を迎える傾向にあります。
東北の北部の都市では4月に開花します。本州の北端に位置する弘前では4月の最後の週に満開を迎えます。

もちろん、北海道が最後です。通常は5月の第1週に札幌や函館などの都市で咲き始め、数日後に満開を迎えます。

桜祭り

春を歓迎するため、あるいは、時には単に楽しいパーティーを楽しみたいため、花見が日本各地で開催されます。たいていの場合は友達や家族間での私的な集まりですが、会社でも花見があり、多くの場合、職場近くの公園で行われます。通常は、桜の木が密集していてピクニックにふさわしい場所を探し出す作業を伴います。東京では代々木公園が人気で、非常に早い時間から場所取りをする人々を見かけます。通常、青いビニールシートが敷物替わりに使われます。みんな靴を脱いで座り、桜の下で長時間快適に過ごします。各自食べ物と飲み物を持ち寄り、仲間とシェアします。桜をテーマにした弁当も人気があり、桜の花を模ったりピンクに彩られたりした食材が入っています。また、桜の木の葉に包まれた餅、桜餅を食べることも多いです。
多くの都市では桜祭りも開催され、夜間のライトアップでは繊細な花が暗闇を照らし、優美な雰囲気を作り出します。桜は昔から城の敷地内に植えられており、鮮やかな青空を背景に白い城と桜の花を、あるいは、城の堀にまだらに映り込むピンク色を写真に収めようと、大勢の人が集まります。青森の弘前さくらまつりはとくに有名で、200万人以上の観光客が訪れ、「日本さくら名所100選」および「人と自然が織りなす日本の風景百選」に選ばれています。東京では、中目黒の川に桜の花が映り、提灯の光が魔法のようにチラチラと光り、神秘的な川に変わります。

代々木公園
中目黒桜まつり

もっと知る