お気に入り

私の東京ガイド

興味のあるページを見つけたら、ハートをクリックしてあなたの「お気に入り」に追加しましょう!

ここから本文です。

更新日:2019年9月30日

美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―

町田市立国際版画美術館、東京都町田市原町田4-28-1
2019-10-5 - 2019-11-24

美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―

数々のスター絵師が活躍した18世紀後半。なかでも天明・寛政(1781-1801)を中心とするこの時期は、いつからか浮世絵史の「黄金期」と呼ばれるようになり、鈴木春信以降、鳥居清長や喜多川歌麿ら、個性豊かな絵師が次々と登場し、理想の美人像を追い求めました。本展は、約230点の版画、版本、肉筆画でこの黄金期を紹介します。さらに、影響を受けた作家として、鏑木清方や上村松園などの作品もあわせて展示することで、「黄金期」の美人画の魅力について考える展覧会です。
※会期中展示替えがあります

行き方

  • 町田駅|徒歩15分
    小田急線|JR横浜線

お問い合わせ

キーワード

時間

  • 10:00~17:00
    ※土曜・日曜・祝日は17:30まで
    ※入館は閉館の30分前まで
  • 休館日:月曜日
    ※但し、10月14日(月・祝)、11月4日(月・休)は開館
    10月15日(火)、11月5日(火)は休館

料金

当日:一般 900円、大学・高校生・65歳以上 450円、中学生以下 無料

団体割引あり、障がい者手帳を提示の場合:半額、付添の方の値引き:半額(1名)
※10月5日、11月3日は無料

もっと見る

施設情報

  • トイレ | Wi-Fi |
  • エレベーター | AED設置 | 障がい者対応(車いす仕様)駐車場 | 車いす対応スロープ | 手すり付き小便器 | 手すり付き洋式便器 | 多目的トイレ | おむつ交換台 | 車いす貸出 | ベビーカー貸出(有料の場合あり) | 施設内段差 |
    ※ベビーカー貸出は無料

もっと見る

ホーム > 美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―