お気に入り

私の東京ガイド

興味のあるページを見つけたら、ハートをクリックしてあなたの「お気に入り」に追加しましょう!

ここから本文です。

更新日:2019年12月23日

江戸流しびな

東京都台東区花川戸1-2 吾妻橋親水テラス及び隅田公園内
2020年3月1日

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、東京都内の観光施設等が一時休業・営業時間変更となったり、イベントが中止または延期となる場合があります。最新情報は、各施設・イベントの公式ホームページ等でご確認ください。

流しびなは、子どもの災厄を紙や草木で作った人形に託し、川や海に流して祓い浄め、子どもの無病息災を願う日本古来の伝統行事で今から約1,000年前の平安時代の中期がその起原と言われていますが、上巳の節句(3月の初めの巳の日)が3月3日になったのは、約600年前の室町時代からです。
当日は、公募による一般参加の方1500名が参加しますが、それに先駆けた特別参加として、《親水テラス》からは「台東区立石浜橋場こども園」園児の皆さんが流しびなを行います。
また、それと同時に台東区長、浅草観光連盟会長をはじめ、浅草名物の振り袖さんによるハト型風船の放天も行いますのでご覧下さい。(12:00開始)

行き方

  • 浅草駅 | 徒歩10分
    東武線

キーワード

時間

  • 11:30集合/12:00開始(少雨決行)

イベントの開催状況、時間、料金等の最新情報については、各イベント主催者のホームページ等でご確認ください。

関連リンク