ホーム > 観光スポット検索 > 神田明神

神田明神

ここから本文です。

神田明神が鎮座する御社殿

春の季節には桜が境内を囲います

天平2年(730)に創建され、江戸東京に鎮座して1300年近くの歴史をもつ神田明神。
江戸時代には、「江戸総鎮守」として将軍様から江戸庶民にいたるまで江戸のすべてを守護され、現在も家庭円満、縁結び、商売繁盛、事業繁栄、厄除けの守護神として大変親しまれております。
神田明神の氏子町である東京108の町は、江戸と東京の生活や文化が凝縮された町々です。
伝統と創造を併せ持つ、これらの町々を常に見守り続ける明神様。
そんな明神様を慕い敬う参拝者で、境内は毎日賑わいを見せております。

基本情報

名称(ふりがな)

神田明神
(かんだみょうじん)

住所

〒101-0021

千代田区外神田2-16-2

お問い合わせ先

名称/神田明神(かんだみょうじん)

電話番号/03-3254-0753

ファックス番号/03-3255-8875

ホームページ/神田明神(外部サイトへリンク)

営業・料金案内

営業時間/
境内自由

利用料金/
境内無料

交通アクセス

電車で行く/JR・地下鉄丸ノ内線「御茶ノ水」駅より徒歩5分
地下鉄千代田線「新御茶ノ水」駅より徒歩5分
地下鉄銀座線「末広町」駅より徒歩5分
JR・地下鉄日比谷線「秋葉原」駅より徒歩7分

地図情報

観光スポット検索