お気に入り

私の東京ガイド

興味のあるページを見つけたら、ハートをクリックしてあなたの「お気に入り」に追加しましょう!

ここから本文です。

更新日:2020年3月3日

東京の川沿いの桜

春といえばやっぱりお花見。東京の川沿いは春になるとロマンティックな桜並木に彩られ、他の地域では味わえない雰囲気を楽しめます。東京の川沿いのお花見スポットをご紹介します。

ポイント

  • 早めの到着を心がけよう。
  • 目的地の混雑が予想される場合は、別の選択肢も準備しておこう。
  • 毛布、タオル、座席用ビニールシートを持参しよう。
  • 他人に迷惑をかけないように、飲食時のマナーに気をつけよう。
  • ゴミは持って帰ろう。

目黒川沿いのソメイヨシノ

例年、3月末から4月の第1週にかけて満開を迎える目黒川の桜は、日本でも有数のお花見スポットの1つです。800本以上のソメイヨシノが、約4キロ続く目黒川を彩ります。混雑が予想されますが、代官山か中目黒駅から歩いてみてはいかがでしょうか。エネルギッシュなお花見を体験できることでしょう。

©目黒区

隅田川沿いの桜と東京スカイツリー

吾妻橋と桜橋のあいだに位置する隅田公園は、毎年多くの人で賑わうお花見スポットです。500本以上もの桜の木が隅田川沿いに咲き誇り、東京スカイツリーを見ることもできます。桜を見ながらお散歩したり、隅田川でクルーズを楽しみながらお花見を楽しむこともできます。夜6時から9時のあいだに行われる夜桜ライトアップも綺麗なので絶対にお見逃しなく!

©台東区

桜のトンネルを歩こう—神田川

お花見を楽しみたい人は、神田川沿いにある江戸川公園に行ってみましょう。繊細な白い桜の花が、まるで川にベールをかけるように枝垂れかかり、幻想的な情景が500mも続くお花見スポットです。春を感じながらお散歩してみてはいかがでしょうか。

©文京区

東京近郊の桜—石神井川

下流で隅田川に合流する石神井川も綺麗な桜を見ることのできるスポットです。石神井川は練馬区を流れており、池袋からアクセスすることができます。他とは違う雰囲気の桜が楽しめることはもちろん、川沿いに屋台がたくさんあり、お祭りには欠かせない焼き鳥やお好み焼き、冷たいビールなどのドリンクも売られており、食べ歩きも楽しめます。

©板橋区

趣のある桜—善福寺川緑地

善福寺川緑地の桜並木は他の桜に比べて「趣がある」という言葉が似合います。玉石とコンクリートで両岸が舗装された川と緑地、そして黒い桜の樹皮が、他とは違う桜の雰囲気を醸し出します。400本以上もの桜が連なる桜並木を歩いてみましょう。

©公益財団法人 東京都公園協会

ミステリアスな夜桜—多摩川

羽村市の羽村取水堰では、春になると赤ちょうちんが桜並木を美しく染め上げます。昼間は枝の間から青い空を覗きこんだり、屋台料理を楽しみながら多摩川沿いのお花見をしてみましょう。赤ちょうちんが灯る夜には、昼間とは全く違う桜の姿を楽しむことができます。日中の桜の可愛らしさは、夜になると神秘的な美しさへと変貌し、お花見シーズンが終わるまで行われるライトアップは必見です。

©福生市

もっと知る

 

水辺エリアガイド