お気に入り

私の東京ガイド

興味のあるページを見つけたら、ハートをクリックしてあなたの「お気に入り」に追加しましょう!

ここから本文です。

更新日:2019年3月25日

自然の絶景、豊かな歴史など、魅力満載

東京から1時間以内とアクセス抜群の伊豆半島。白浜と断崖絶壁が続く海岸線、高原や山々の絶景に加え、日本でも有数の温泉地である伊豆は、近代日本の幕開けとなった舞台でもあります。

ポイント

  • 日本有数の温泉地
  • 東京から一番近い温泉リゾート地、熱海
  • 近代日本の幕開けの舞台となった下田

行き方

東京駅から:熱海駅まで東海道新幹線で40分~50分。熱海駅から伊豆急下田駅まで伊豆急行線特急で1時間40分。

美しい海岸線と温泉のぬくもりに癒される

伊豆半島は東伊豆、南伊豆、中伊豆、西伊豆の4つのエリアに分かれており、どのエリアも魅力が満載です。東伊豆は温泉リゾート地の熱海や門脇崎の海岸線、南伊豆は石廊崎の絶景、中伊豆は伊豆最古の温泉地である修善寺、そして西伊豆には堂ヶ島や土肥などの美しい海岸線があります。

©伊豆半島ジオパーク推進協議

レトロな雰囲気が人気の温泉リゾート地、熱海

伊豆半島の北東に位置する熱海は、8世紀の頃から栄えた由緒ある温泉地。源泉掛け流しの温泉旅館が立ち並び、レトロな雰囲気が漂う町並みを散策していると、1950年代~60年代にタイムスリップしたような気分になります。温泉のほかにも、美術館でアートを鑑賞したり、ロープウェイや遊覧船に乗ったり、いろいろな楽しみ方があります。高台に建つ「MOA美術館」や「熱海城」から眺める豊かな海の景色も熱海ならでは。昭和情緒あふれる商店街、遊覧船や高速船が行き交う港、白い砂浜も魅力です。

©熱海市

開国の歴史舞台となった下田

1854年にアメリカのペリー提督が黒船と呼ばれる軍艦を率いて上陸したのが、伊豆半島の最南端の港、下田でした。近代日本の幕開けともなった黒船来航時の歴史を、映像や展示で紹介する「MoBS黒船ミュージアム」など、下田には興味深い開国の名所がたくさんあります。

©下田市観光協会

ホーム > 東京エリアガイド > 東京近郊エリア > 伊豆半島 熱海&下田