お気に入り

私の東京ガイド

興味のあるページを見つけたら、ハートをクリックしてあなたの「お気に入り」に追加しましょう!

ここから本文です。

更新日:2019年10月11日

サブカルチャー文化にどっぷりつかる旅

第二次世界大戦後の闇市から始まった秋葉原は、電気街へと発展しました。電飾きらめくテクノロジーが勢ぞろいする場所である一方、アニメ、古いコンピュータゲーム、コスプレなどサブカルチャー文化の中心地でもあります。

ポイント

  • 半日または1日かけて秋葉原の探索および散策を
  • 毎週日曜日はメインストリートが歩行者天国になるため、のんびり散策できます

凡例

  • 徒歩
  • タクシー
  • バス
  • 電車
  • 水上バス

1

便利なメーンステーション

秋葉原駅

駅の主要出口は2つあり、東側の「中央改札口」から出ると、ヨドバシカメラ、飲食店やホテルがあります。「電気街改札口」から出ると、主要ショッピングエリアや家電量販店のあるエリアです。まずは、「電気街改札口」を出て、探索をスタートしましょう。

徒歩2分

2

サブカルチャーの専門店

秋葉原ラジオセンター

単に「ラジオ会館」とも呼ばれ、赤と黄色の派手な看板が目印のこのビルには、それぞれの趣味に特化した小さな店舗がひしめき合っています。元々はラジオパーツやコンピュータパーツの専門店ばかりでしたが、今はコスプレやゲーム、コミック、おもちゃやフィギュアの店が中心になっています。

徒歩2分

3

テクノロジー製品が見つかるビル

ラオックス秋葉原本店

東京の大型免税店として知られる「ラオックス秋葉原本店」では、家電製品から化粧品までありとあらゆるものを取り扱っています。最新のテクノロジー製品をじかに見ることもできます。

徒歩6分

4

小さな宝物が見つかる場所

秋葉原ガチャポン会館

メインストリートからちょっと外れたところにある「東京ガチャポン会館」は、すべてカプセルトイマシンで埋め尽くされています。一風変わったものや精巧に作られたものもあり、東京のお土産にぴったりの商品を格安で手に入れることができます。

徒歩6分

5



SF的趣向を凝らしたカフェ

ガンダムカフェ秋葉原店

「電気街改札口」を出てすぐのこのカフェは、人気アニメシリーズ、ガンダムファンのためのカフェです。正面入り口にはガンダムのフィギュアがあり、ユニフォーム姿のスタッフに、ガンダムをテーマにしたメニューも揃っています。気分を変えて、すぐ隣にある、ポップアイドルグループAKB48ファンのためのスペース「AKB48 Cafe&Shop Akihabara」もおすすめです。

関連リンク

ホーム > おすすめモデルコース > 秋葉原周辺めぐり