ホーム > 東京グルメ > 小路の先の別世界、注目を集める横丁へ行こう!

小路の先の別世界、注目を集める横丁へ行こう!

個性的な店が連なり、多くの人で賑わう「横丁」。小さな店が立ち並ぶ昔ながらの横丁から、現代的な雰囲気の横丁まで、東京にはさまざまな横丁があります。さあ、どの横丁に出かけますか?

ここから本文です。

甘酒横丁

人形町駅を出てすぐの「甘酒横丁」交差点から明治座までの約400mの小さな通りが甘酒横丁と呼ばれる通りです。明治初期に横丁の入り口に甘酒屋があったことから名づけられたといいます。今でも酒店や和菓子店などの店頭では甘酒が売られ、下町情緒が感じられる散歩道として多くの人に愛されています。

住所:中央区日本橋人形町2丁目

詳細はこちら

新宿西口 思い出横丁

西口のガード沿いに立ち並ぶ長屋造りの飲み屋街。戦後間もない昭和21年頃、戦後の食料品を思うように入手できない時期に、多くの露店が比較的手に入りやすい進駐軍の牛や豚のモツでもつ焼き屋を始め、今でもやきとり屋やもつ焼き屋が多いのはその名残だといいます。飲み屋の他にも定食屋や金券ショップ等も多くあります。

住所:新宿区西新宿1丁目

詳細はこちら

おかず横丁

惣菜をはじめ、日用食料品を扱う店が230メートルほどの通りに並んでいます。おかず横丁の町、鳥越はもともと町工場が多く、共働きの夫婦も多かったといいます。そのため、この横丁でおかずを買い求めていく人々により横丁は繁盛しました。今でも各店の味が忘れられないファンの人が遠方からも訪れています。

住所:台東区台東鳥越1丁目

詳細はこちら

渋谷のんべい横丁

pic_04.jpg

雑踏の街・渋谷でも、のんべい横丁の路地に一本入ればその喧騒を忘れられます。山手線の音をBGMに、若者には昭和の時代を感じさせるテーマパーク、いくつか上の世代には若い頃を回顧する気分に浸れる、そんな雰囲気の小さな一角。やきとりの人気店も多く、渋谷で落ち着いて飲むにはオススメの場所です。

住所:渋谷区渋谷一丁目25

詳細はこちら

ハモニカ横丁

ハーモニカのリードのように小さな店が整然と並んだ様子が名前の由来ですが、人とすれ違うのもやっとの狭い迷路のような路地を抜けて現れる店は楽しげで、まるで音楽が聴こえてきそうな雰囲気。横丁内は飲食店だけではなく、雑貨店やサロン、占いなど一日中散策していても飽きないようなラインナップです。

住所:武蔵野市吉祥寺本町1丁目~2丁目

詳細はこちら

上野アメ横商店街

叩き売りや、呼び込みの威勢のいい声が飛び交うアメ横。食料品以外にも靴や衣料品、雑貨などのインターナショナルな店舗もたくさんあります。いつもにぎやかなアメ横ですが、一番活気にあふれるのが年末。正月に向けた買い出しの人で身動きが取れないほどにごったがえします。

住所:台東区上野6丁目10-7

詳細はこちら

黒塀横丁

黒い塀に囲まれた、シックな雰囲気が独特の横丁です。夜になると帳が落ち、駅の中とは思えない空間が広がります。日本料理、沖縄料理などをゆったりと楽しめます。東京駅から徒歩1分と、アクセスの良さも魅力。大人の落ち着きが感じられるスポットです。

住所:千代田区丸の内1-9-1 東京駅八重洲北口B1黒塀横丁

詳細はこちら

有楽町産直飲食街

全国のアンテナショップが集まる有楽町エリアに、新しいタイプの横丁が誕生しました。東京では珍しい地方の食材を使用したメニューや、郷土料理などを楽しめる「産直飲食街」です。北海道、岩手、長野、静岡、熊本の“うまいもの”が集結しています。一風変わったメニューで楽しみたい方にはオススメです。

住所:千代田区有楽町2-1-1 インターナショナルアーケード

詳細はこちら

恵比寿横丁

ファッショナブルな恵比寿の街に突然現れる、赤提灯が並ぶ小さな間口の入口。夜になるとひと際明るく光る「恵比寿横丁」の看板が目を引きます。奥行きのある横丁内は、小さな飲み屋がひしめき、活気にあふれています。個性豊かな店舗ラインナップで、いろんな店をはしごして楽しみたい横丁です。

住所:渋谷区恵比寿1-7-4

詳細はこちら

観光スポット検索