お気に入り

私の東京ガイド

興味のあるページを見つけたら、ハートをクリックしてあなたの「お気に入り」に追加しましょう!

ここから本文です。

更新日:2019年10月1日

東京カテドラル聖マリア大聖堂

東京都文京区関口3-16-15

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、東京都内の観光施設等が一時休業・営業時間変更となったり、イベントが中止または延期となる場合があります。最新情報は、各施設・イベントの公式ホームページ等でご確認ください。

荘厳で神秘的な聖堂 

カトリック東京大司教区の司教座聖堂である東京カテドラル聖マリア大聖堂は、十字架をモチーフにした構造が有名です

ポイント

  • カトリック教会のミサに行きましょう
  • 荘厳で神秘的な現代建築を観賞しましょう

1899年に建設されたカトリック東京カテドラルの聖堂は、第二次世界大戦によって焼失するまで、ゴシック様式の木造建物でした。現在の建物は、1960年から1964年にかけ、東京大学の音響技師と構造技師の支援を得て、丹下健三氏が設計したものです。丹下氏は現代的な日本のスタイルと伝統的な日本のスタイルを巧みに融合させることで知られています。

鉄筋コンクリート造りの聖堂は現代的な構造が特徴で、8面の曲線を帯びた壁、双曲放物線により、大きな十字架を形作っています。内部には600席の座席と2,000人分の立ち見スペースがあります。日本で最大のパイプオルガンもあります。音響効果が素晴らしく、コンサートが開催されることもあります。

ミサは月曜日から金曜日は7時、土曜日は18時、日曜日は8時、10時、12時に行われます。

行き方

  • 護国寺駅有楽町線6番出口徒歩10分

お問い合わせ

周辺エリア

キーワード

時間

  • 9:00~17:00

施設情報

  • トイレ施設喫煙所駐車場
  • 日本語英語
  • 入館自動ドア車いす対応スロープおむつ交換台車いす貸出

営業時間・定休日・料金等の最新情報については、公式ウェブサイトまたは施設へ直接ご確認ください。