お気に入り

私の東京ガイド

興味のあるページを見つけたら、ハートをクリックしてあなたの「お気に入り」に追加しましょう!

ここから本文です。

更新日:2018年4月2日

車いすが利用できる駅や、アクセシビリティに取り組むホテル、レストラン、観光施設などが増えています

身体の不自由な方の旅

宿泊先に事前に連絡をして、必要なことを具体的に伝えておきましょう。大手のホテルなどでは、車いす利用に対応した設備があることが多く、身体が不自由な方用の部屋がある場合もあります。

都内ではエレベーターのある駅が多いですが、混雑している狭いプラットフォームを通らなければならないこともあります。通勤ラッシュの時間帯(午前7時半~9時頃)はできるだけ避けましょう。ほとんどの駅に、車いすで利用できるトイレがあります。

アクセシブル東京や個人ブログなどでは、身体が不自由な方が東京を旅するうえでのアドバイスやポイントを紹介しています。

子どもと一緒の旅

東京は、子どもの心を刺激する活気とエネルギーに満ちた街です。一方で、人の多い都会は子どもには大変なこともあるので、必要に応じて休憩時間を取るように予定を立てましょう。

電車では、小さな子どもと一緒のときは優先席を利用しましょう。多くの駅には、オムツ替えテーブルなどが利用できるトイレがあります。大きなデパートなどでは、ベビーカーのレンタルや子どもがのんびり過ごせるエリアがあります。食事は、ファミリーレストランだとメニューの種類が多く、好みのものが見つかりやすいでしょう。

天気が良ければ、東京の数ある公園で子どもを思い切り遊ばせてあげることもできます。雨の日には、子どもが喜ぶインタラクティブな美術館・博物館や水族館、映画館や屋内エンターテインメント施設などで楽しめます。

ホーム > 旅の計画 > アクセシビリティ