お気に入り

私の東京ガイド

興味のあるページを見つけたら、ハートをクリックしてあなたの「お気に入り」に追加しましょう!

ここから本文です。

更新日:2019年8月30日

柳宗悦と古丹波

日本民藝館、東京都目黒区駒場4-3-33
2019-09-10 - 2019-11-24

柳宗悦が評価した古丹波の魅力に迫る

古来の陶磁器窯のうち中世から現在まで生産が続く代表的な窯である「日本六古窯」の一つである丹波焼に、いち早く正しい評価の光を当て、「最も日本らしき品、渋さの極みを語る品」と評したのは思想家の柳宗悦でした。本展では、日本民藝館ならびに丹波古陶館の優品の中から作品を厳選。中世期の自然釉の壺や江戸期に発達した赤土部釉・流釉・線彫・白掛の壺や甕・徳利・皿などを展示することで、古丹波の魅力に迫ります。

行き方

  • 駒場東大前|西口|徒歩7分
    京王井の頭線

お問い合わせ

キーワード

時間

  • 10:00~17:00
    ※入館は閉館の30分前まで
  • 休館日:月曜日
    ※但し、9月16日(月・祝)、9月23日(月・祝)、10月14日(月・祝)、11月4日(月・祝)は開館
    9月17日(火)、9月24日(火)、10月15日(火)、11月5日(火)は休館

料金

当日:一般 1,100円、大学・高校生 600円、中学・小学生 200円

団体割引あり、障害者手帳を提示の場合:500円値引き、付添の方の値引き:500円値引き(1名)

もっと見る

施設情報

  • トイレ |
  • 英語 |
  • 英語 |
  • エレベーター | 障がい者対応(車いす仕様)駐車場 | 手すり付き洋式便器 | 車いす貸出 | 施設内段差 |

もっと見る

関連リンク

ホーム > 柳宗悦と古丹波