お気に入り

私の東京ガイド

興味のあるページを見つけたら、ハートをクリックしてあなたの「お気に入り」に追加しましょう!

ここから本文です。

更新日:2019年6月27日

アンティーク着物万華鏡 ー大正~昭和の乙女に学ぶ着こなしー

弥生美術館、東京都文京区弥生2-4-3
2019-7-5 - 2019-9-29

アンティーク着物で様々なコーディネートを提案

着物は着ることが難しい印象がありますが、本来もっと自由に楽しんでいい衣服です。着物を楽しむ様子は、戦前の抒情画に多く描かれています。本展はスタリストの岩田ちえ子氏が抒情画をアンティーク着物によって再現し、帯や小物を変えたコーディネートを紹介することで、異なる雰囲気に変貌する醍醐味を展示します。角度によって様相を変える万華鏡のように、着物もコーディネートによって変化する様子がわかる展覧会です。
※竹久夢二美術館との共同企画展

行き方

  • 根津駅|1番出口|徒歩7分
    東京メトロ千代田線
  • 東大前駅|1番出口|徒歩7分
    東京メトロ南北線
  • 上野駅|公園口|徒歩25分
    JR線

もっと見る

キーワード

時間

  • 10:00~17:00
    ※入館は閉館の30分前まで
  • 休館日:月曜日
    ※但し、7月15日(月・祝)、8月12日(月・休)、9月16日(月・祝)、9月23日(月・祝)は開館、7月16日(火) 、8月13日(火)、9月17日(火)、9月24日(火)は休館

料金

当日:一般 900円、大学・高校生800円、中学・小学生 400円

施設情報

  • トイレ | 飲食施設 |
  • 車いす貸出 |

もっと見る

関連リンク

ホーム > アンティーク着物万華鏡 ー大正~昭和の乙女に学ぶ着こなしー