ホーム > トピックス一覧 > 三社祭

三社祭

ここから本文です。

今年で三社祭斎行700年、下町を代表する祭り

浅草神社を中心に斎行される、三社祭は今年で斎行700年という佳節の年を迎える。今年は本社神輿渡御も行われ、例年以上の盛り上がりが期待される。
三社祭は永く続く歴史の中で、舟祭から始まり、山車が祭りの中心となる時代があるなど、様々な変遷をたどっている。現在の本社神輿三基となったのは、戦中にかつてあった神輿が戦火に焼かれ、現在の三基の本社神輿が戦後それぞれ奉納されたことにある。
祭りの二日目には氏子44ヶ町による町内神輿連合渡御が行われ、約100基の神輿が浅草の街を練り歩き、三日目には浅草神社の三基の本社神輿渡御が行われる。町内神輿連合渡御は、浅草神社境内で順番にお祓いを受けて、浅草神社より各町内に繰り出す。各町会の神輿が控え、順に威勢のいい声を上げながら神社から離散して行く様は、担ぎ手だけでなく、見ているだけでも血がわきあがるように興奮するだろう。三日目の本社神輿は大きさや豪奢さが違うだけでなく、担ぎ手の気合の入り方も変わる。本社神輿の神輿から突き出した2本の棒の先端「花棒」は担ぎ手にとっての憧れなのだ。
下町の路地や通りを神輿が歩みを留める家の前では、家主達が手を合わせていたり、遺影を掲げているなど、神輿の渡御が町の人々にとって、どんな意味を持つのかが見えてくる。
永い歴史を持つ、東京の下町を代表する祭りを肌で感じてみよう。

びんざさら舞

宮入り

スケジュール

日程

2012年5月18(金)~20日(日)

<17日(木)>

19:00~ 本社神輿神霊入れの儀

<18日(金)>

13:00~ 大行列(雨天中止)
14:20~ びんざさら舞奉納(社殿)
15:00~ びんざさら舞奉納(神楽殿)
15:30~ 各町神輿神霊入れの儀

<19日(土)>

10:00~ 例大祭式典
12:00~ 町内神輿連合渡御
16:00~ 奉納舞踊(神楽殿)
17:00~ 巫女舞奉奏(神楽殿)

<20日(日)>

06:00~ 本社神輿「宮出し」
本社神輿各町渡御
14:00~ 巫女舞奉奏(神楽殿)
15:00~ 奉納舞踊(神楽殿)
16:00~ 太鼓奉演(境内)
11:00~18:00 雷門通りから馬車通りにてお祭り広場を開催(浅草観光連盟主催)
※交通規制有り
20:00~ 本社神輿「宮入り」
宮入り後 本社神輿御霊返しの儀

[基本情報]

場所

東京都台東区浅草2-3-1(浅草神社)

問い合わせ先

Tel 03-3844-1575(浅草神社)

URL

浅草神社

ココも注目!

個性あふれる“食”にまつわる専門商店街
かっぱ橋道具街

調理道具、食器、厨房機器など食にまつわる道具が何でもそろう、日本でも屈指の“食”専門商店街。月~金は通常営業で、土曜は約90%、日曜は約30%程度が営業している。見るだけでも楽しい商店街、浅草まで来たら立ち寄りたいスポットだ。

住所:東京都台東区松が谷3-18-2
お問い合わせ:03-3844-1225(東京合羽橋商店街振興組合

観光スポット検索