ホーム > 東京の楽しみ方 > おすすめモデルコース > 秋の東京

秋の東京

ここから本文です。

コース:根津美術館 → 明治神宮外苑 → 伝統工芸 青山スクエア → 六義園

芸術の秋、読書の秋、食欲の秋など、日本の秋はさまざまに例えられます。もちろん東京でも秋を感じられるスポットはさまざま。芸術にふれる美術館、美しいイチョウ並木、伝統文化にふれるスポット、趣あふれる紅葉のライトアップなど、小春日和の1日、散策におすすめのコースです。

12:00 東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道」駅 A5出入口

徒歩 8分
ブランドショップなどが集まるエリアを背に表参道を進みます。

12:08 地図上の1根津美術館

©藤塚光政

日本をはじめ、東洋の古美術品などを保存・展示する美術館。東武鉄道の社長などを務めた実業家・初代根津嘉一郎氏(1860年~1940年)が集めたコレクションを展示するために、1941年に開館しました。収蔵品は約7,400件。国宝7点、重要文化財87点、重要美術品94点が含まれています。本館は隈研吾氏による和風建築を思わせるデザイン。約2万㎡の庭園には茶室が点在し、散策後はガラス越しに庭園を眺められるカフェから四季の折々の景観を楽しむことができます。

徒歩 8分
 

13:30 地図上の2東京メトロ銀座線「表参道」駅 A5出入口

電車 3分(浅草方面)
 

13:33 地図上の3東京メトロ銀座線「青山一丁目」駅 1出入口

徒歩 3分
 

13:36 地図上の4明治神宮外苑

明治天皇と昭憲皇太后の業績を永く後世に伝えるために創建された明治神宮外苑。そのシンボルともいえる聖徳記念絵画館には、延べ250mの壁面に80枚の絵画が展示されており、文化・芸術の鑑賞スポットとして最適です。また、明治神宮球場やゴルフ練習場、アイススケート場などのスポーツを楽しめる施設、にこにこパークという子どもが楽しめる施設も広がっています。敷地内は緑が豊かで四季折々の景色の中を散策することが可能。秋には青山通りから続く300mのイチョウ並木も見頃となります。11月中旬より近くの特設会場では「神宮外苑イチョウ祭り」が開催され、多くの人で賑わいます。

徒歩 3分
 

青山通りと外苑東通りが交差する青山一丁目の交差点を通過し、青山通りを直進します。
徒歩 5分
 

14:35 地図上の5伝統工芸 青山スクエア

織物、染色品、陶磁器、漆器、和紙、木竹品など、全国から集まった伝統工芸品、約3,500点を収蔵、展示しています。さまざまな伝統工芸品が並ぶ常設展示のほか、2週間ごとに特別展を開催。また、実際のつくり手が工芸品を実演する匠コーナーでは、週替りで制作体験などを楽しむこともできます。その他、ショップでは木工品や陶磁器、漆器、など、多彩な工芸品を購入可能。衣食住に関わる工芸品は、生活をより豊かにしてくれることでしょう。もちろん、大切な方へのギフトやおみやげにも。

徒歩 5分
 

15:30 地図上の6東京メトロ銀座線「青山一丁目」駅 4出入口

電車 4分(浅草方面)
 

15:34 地図上の7東京メトロ銀座線「溜池山王」駅下車 東京メトロ南北線に乗り換え

電車 17分(赤羽岩淵方面)
 

15:51 地図上の8東京メトロ南北線「駒込」駅 2出入口

徒歩 7分
 

15:58 地図上の9六義園

1695年、徳川五代将軍・徳川綱吉から与えられた地を、側用人・柳沢吉保が7年の歳月をかけて造った回遊式築山泉水庭園。中の島を有する大泉水の周辺には樹木が生い茂り、万葉集や古今和歌集に詠まれた紀州(和歌山)をはじめ、中国の故事にちなんだ景観などを再現しており、小石川後楽園と共に江戸の二大庭園に数えられています。紅葉の時期には開園時間を延長して、ライトアップイベントを開催。吹上茶屋や心泉亭(ライトアップ期間限定)では美しい紅葉を見ながらゆっくりお茶を楽しむことができます。

徒歩 7分
 

19:00 東京メトロ南北線・JR山手線「駒込」駅

より大きな地図で 秋の東京 を表示

赤線は電車・地下鉄、青線はバス・車、緑線は徒歩、ピンク線は自転車

観光スポット検索