ホーム > イベントを探す > 入谷朝顔まつり

入谷朝顔まつり

ここから本文です。

入谷朝顔まつりは毎年7月6日から8日まで開催される、日本最大の朝顔市です。この三日間は入谷鬼子母神や言問通りには60軒の朝顔業者と96軒の露店(縁日)が並び、毎年約40万人もの人出で賑わっています。
入谷の朝顔が世に知られるようになったのは、江戸時代末期の頃といわれています。最初は御徒町で栽培されていたものが、時代の変遷とともに入谷の植木屋が造るようになったそうです。明治中期になるとその出来栄えの素晴らしさから、鑑賞用として広く知られるようになりました。
最盛期の頃は、花粉の交配によって一千種類もの朝顔が花を咲かせたといいます。その後、大正の時代に一度入谷の地から姿を消した朝顔ですが、戦後に朝顔同好会(現 朝顔実行委員会)により、再び朝顔市として今の姿を取り戻すこととなりました。
江戸時代から夏の風物詩として江戸っ子に親しまれてきた朝顔。時代を超えて、江戸の夏が感じられる三日間です。

基本情報

名称(ふりがな)

入谷朝顔まつり
(いりやあさがおまつり)

住所

台東区下谷1-12-16

入谷鬼子母神周辺

お問い合わせ先

名称/入谷朝顔実行委員会(いりやあさがおじっこういいんかい)

電話番号/03-3841-1800

ホームページ/入谷朝顔まつり公式HP(外部サイトへリンク)

日程

2017年7月6日~2017年7月8日

開始・終了時間/5時~23時

交通アクセス

電車で行く/JR山手線・京浜東北線「鶯谷」駅南口より徒歩5分
東京メトロ日比谷線「入谷」駅より徒歩1分

地図情報

観光スポット検索