ホーム > 東京の楽しみ方 > 美術館・博物館 > アートでわかる more Tokyo > 第42回 東京都写真美術館リニューアルオープン

第42回 東京都写真美術館リニューアルオープン

ここから本文です。

2016年9月3日、東京都写真美術館は2年間に渡る大規模リニューアル工事を経て、新しく生まれ変わりました。

このリニューアルオープンにあわせて、美術館はブランドの再構築も行いました。まず、美術館の愛称を日本人にも海外の人にも親しみやすく、「トップミュージアム(TOP MUSEUM)」としました。これは、新しい英語館名「Tokyo Photographic Art Museum」の頭文字からとったものです。さらに、写真と映像を生み出す「光」をイメージした、新しいシンボルマークも完成しました。

画像

【美術館正面外観】

「トップミュージアム」

画像

【トップミュージアム新シンボルマーク】

東京都写真美術館は、写真芸術に特化した日本初の公的文化施設として、1995年に恵比寿ガーデンプレイスに誕生しました。1991年に美術館基本計画を発表した後、収集、展示、保存、普及などを含めた写真に関わる総合的な活動を行い、2015年に総合開館20周年を迎えました。美術館は2016年3月現在、黎明期の日本写真の貴重な作品を含む、写真や映像などのコレクション33,000点以上を所蔵しています。

写真家や、写真的表現を用いるアーティストの個展・グループ展、テーマに沿った展覧会などの企画展が年に数回開催されるほか、調査研究活動も積極的に行い、また国際交流にも力を入れています。

例えば、「夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史」と題して、2007年から継続的に行われている展示では、幕末から明治時代の日本各地の貴重な写真資料・作品を紹介する試みをしています。

これまでに来館された方の中には、地下1階、2階、3階の展示フロアや1階ホールにしか足を運んだことがないという方が多いのではないでしょうか。実は、美術館4階には、写真集を中心とした国内外の資料を一般公開している図書館があり、無料で利用することができます。また、教育普及プログラムとして、本格的な写真現像を体験できる暗室が1階スタジオに備えられており、子どもたちはここで、デジタル化以前の写真がどのように作られていたのかを学ぶことができます。

生まれ変わった施設

画像

【1階エントランスホール】

来館者用エレベーターの増設や、1階のホールに技術的改良がなされたほか、1階エントランスホールが拡張され、より開放的な空間となりました。また2階エントランスホールには、インスタレーション(現代美術における表現方法・ジャンルの一つで、空間全体を一つの作品とみなす手法)展示などに対応するため、新たに質の高い音響・映像設備が整えられました。さらに2階、3階展示室がフローリング化され、新しい展示空間になりました。

また、美術品専用のLED照明と、環境負荷を軽減する空調システムが採用されました。これらの設備は、光、温度、湿度に反応する写真と映像を扱う美術館としてはトップクラスで、重要文化財の展示に必要な基準値も満たしています。そのため、私たちが美術館のアーカイブに収められている貴重な歴史的写真を鑑賞できる機会も増えることでしょう。

2階に移設したミュージアムショップ「ナディッフ バイテン」は、ホールと隣接しており間口が広くなりました。もともと1階のショップがあった場所には、小さなテラス席もあるスタイリッシュなカフェ「メゾン・イチ」がオープンしました。

今後の展覧会スケジュール

画像

【杉本博司 ロスト・ヒューマン展ポスター】

トップミュージアムでは、通常2〜3本の展覧会が同時に開催され、また1階映像ホールでの映像上映も併せて行われます。
現在、リニューアルオープン・総合開館20周年を記念して、大型企画展「杉本博司 ロスト・ヒューマン展」を2016年9月3日から11月13日まで開催しています。他にも、「夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史」(2017年3月7日〜5月7日)、「海と太陽」のシリーズで知られる戦後の写真家、山崎博の展覧会(2017年3月7日〜5月10日)などが開催される予定です。

また、今秋から来春にかけて、「恵比寿映像祭」(2017年2月10日〜26日)を含む大型イベントが複数予定されています。都内で開催されるイベントの中で最も重要なイベントの一つ「恵比寿映像祭」は、フィルム、ビデオアート、インスタレーション、講演などがテーマ別に鑑賞できる映像フェスティバルです。メイン展示の入場料は無料ですが、フィルム上映、他のイベントは有料で、チケットが必要です。

トップミュージアムは、都内にある美術館の中でも、野心的な展覧会やイベントなどを一年を通して楽しむことができる美術館の一つとして生まれ変わりました。一度足を運んでみれば、写真や映像のファンのみならず、ひらめきや刺激を求める人にとって必要不可欠な場所であると感じて頂けることでしょう。

更新日:2016年11月8日

観光スポット検索