ホーム > 宿泊 > 一度は泊まりたい東京の宿 > ストリングスホテル東京インターコンチネンタル

ストリングスホテル東京インターコンチネンタル

ここから本文です。

「品川イーストワンタワー」の26階にロビーがあります。

壮大な吹き抜けから太陽が降り注ぐ、優美な天空ホテル

JR、京浜急行「品川」駅港南口からペデストリアンデッキで直結。都心や羽田空港、成田空港へのアクセスも良く、新幹線で日本各地へ足を延ばすこともできると、海外のビジネスマンや観光客から親しまれています。26階のロビーから最上階までを吹き抜けにした空間は、都心とは思えないほど開放感に満ちています。

癒し空間が広がる開放的なロビー

右側に「ザ・ダイニング ルーム」、奥に「チャイナシャドー」があります。

アロマの香りが出迎えてくれるロビーに足を踏み入れると、異空間に来たような錯覚を覚えます。最上階まで続く開放感あふれた吹き抜けとダイニングエリアを取り囲むように配された水辺、髄所に配された緑や花々などが演出する癒しの空間が広がります。こちらのフロアにはフロントのほか、カフェ、ダイニング、バーと様々なシーンで利用できる「ザ・ダイニング ルーム」や、夜景を一望できる中国料理店「チャイナシャドー」などが揃っています。朝食は「ザ・ダイニング ルーム」で提供されます。

自然の色調を基調とした、リラックスできるゲストルーム

客室は全206室。約半分がダブルベッドとツインベッドが配された32㎡あるデラックスタイプになっています。ゆったりと寛げるのはもちろん、地上110メートルから望む景色は絶景の一言。富士山が見渡せる客室やお台場エリアのベイビュー、ビル群が建ち並ぶ都心エリア、東京タワーが見える部屋と四方面に異なる景色が楽しめます。客室は自然をテーマにグリーン、ホワイト、ブラウンを基調にインテリアを配置。安らぎの時間を過ごすことができます。

都心の景色を一望できます。

夜景を楽しみながらディナーを

大きな窓からはお台場エリアのベイビューが楽しめます。

「チャイナシャドー」では、夜景を満喫しながら食事を楽しむことができます。テーブル席のほか、窓辺に向かってレイアウトされたカウンターや個室があります。こちらは、中国の伝統的な技と味付けを基に、各地方に伝わる伝統料理やテイストを織り交ぜながら素材のうまみを活かした新感覚の広東料理が魅力。ディナーのコース料理は5種。ランチも人気が高く、3種のコース料理とチャイナシャドーの魅力を詰め込んだプレミアムランチなどが用意されています。

おすすめポイント!

あらゆる要望に応えてくれるコンシェルジュ。

さまざまなゲストのニーズに応えてくれるコンシェルジュ。ホテル内での要望のほか、ホテルを起点とした日本各地への観光プランの相談や、品川エリアの過ごし方も提案してくれます。なかでも旧東海道の宿場として栄えた品川宿の面影が残る「北品川商店街」の散策がおすすめ。ホテルから徒歩15分の場所にあります。ぜひコンシェルジュに声をかけてみてください。

ホテル情報

ストリングスホテル東京インターコンチネンタル

住所:〒108-8282 港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー26F-32F

アクセス:JR・京浜急行「品川」駅港南口より徒歩1分(直結)

詳細情報へ

更新日:2014年9月17日

観光スポット検索