ホーム > 宿泊 > 一度は泊まりたい東京の宿 > ホテルメトロポリタン

ホテルメトロポリタン

ここから本文です。

季節の花々が迎えてくれます。

池袋を代表するグランドシティホテル

世界各国のゲストに対応したサービスや、ビジネスシーンをフォローしてくれる環境設備など、豊富なサービスが魅力のホテル。ライブ感たっぷりのビュッフェダイニングや都心の風景を見渡せる高層階のバーなど、レストランやバーも多く揃います。

ハイクオリティなサービスの数々

ロビーサービスのスタッフの笑顔も素敵です。

グランドフロアにはベルデスクやゲストリレーションがゲストの様々な要望に応えてくれます。24時間体制でサポートしてくれる「Duty Manager」では英語の対応はもちろん、各国の言語に対応したスタッフが不在の時でもテレビ電話による通訳サポートを通じて、ポルトガル語、スペイン語など6か国語に対応。ホテル近隣のレストラン情報などを記した英語の地図なども提供しています。また、館内1階にはPCやプリンターを備えた「ビジネスセンター」が利用できます(有料)。空港とホテルをつなぐリムジンバスも正面玄関まで乗り入れがあり、便数は都内有数です。ホテル出発便はベルデスクで予約が可能です。

高層階からは富士山も

部屋の種類はスタンダード、デラックス、メトロポリタンフロアの3タイプ。シングルルームのベッド幅はすべて140㎝と広々。ゆったりと寛ぐことができます。メトロポリタンフロアは、フロア内への入室にセキュリティーカードが用意された特別なフロアになっていて、23㎡から80㎡までの全8タイプの部屋があります。また、高層階からの眺めも抜群。周囲には高層ビルが少ないため遠くまで見渡すことができます。天気の良い日には富士山も見ることができる部屋もあります。全客室に高速インターネット回線、Wi-Fiシステムを採用。ビジネスでも活用できる空間です。

都心の夜景も堪能できます。

和・洋・中の専門シェフが腕を振るう

オールデイダイニング「クロスダイン」の朝食は洋食専門のシェフがオムレツを作ってくれます。

「クロスダイン」は、和・洋・中、それぞれ専門のシェフが作る料理をいつでも味わえるブッフェダイニング。すべてのメニューに肉、エビ、卵など15品目の食材ピクトグラム(絵文字)が表示されていて、アレルギー対応としてはもちろん、各国から訪れるゲストの多様な食文化にも対応しています。また、定期的にフェアを開催し、日本の地方料理なども楽しめます。ほかにもヨーロッパを駆け抜ける豪華特急、オリエント急行をイメージしたバー「オリエントエクスプレス」や、生演奏を観賞でき、夜景も楽しめるダイニングバー「オーヴェスト」などもオススメです。

おすすめポイント!

宿泊者だけの特典として、Suicaグッズのプレゼントも用意されています。

JR東日本のキャラクター「Suicaペンギンルーム」が2室あります。こちらの客室は、ベッドやぬいぐるみなど、すべてがSuicaペンギンで埋め尽くされたファンにはたまらない空間になっています。また、このプランの朝食はSuicaのペンギンパンケーキをルームサービスで楽しめます。

ホテル情報

ホテルメトロポリタン

住所:〒171-8505 豊島区西池袋1-6-1

アクセス:JR、東武鉄道、西武鉄道、東京メトロ有楽町線・丸ノ内線・副都心線「池袋」駅より徒歩3分

詳細情報

更新日:2014年7月2日

観光スポット検索