ホーム > 宿泊 > 一度は泊まりたい東京の宿 > ホテルかずさや

ホテルかずさや

ここから本文です。

創業100年以上の老舗です。

老舗ならではのおもてなし

1891年(明治24年)に上総屋旅館として創業。1980年にビジネスホテルとして生まれ変わりました。現在は老舗ならではの細やかなおもてなしで、ゲストを迎えています。

重要な歴史を持つ街、日本橋

歴史的な場所に立つホテルです。

「時の鐘通り」に面した、ホテルかずさや。「時の鐘」というのは、江戸時代に時を知らせる方法として用いたもの。江戸城で昼夜十二刻の太鼓を打って知らせていたのを、太鼓だけでは江戸府内全てに聞こえるはずがないと、時を知らせる鐘を各地に置いたのです。「時の鐘通り」沿いにあった「石町の鐘」は、江戸で最初の鐘であったということと、日本橋の真ん中にあったということで、最も有名な鐘でした。その他、長崎出島のオランダ人一行が将軍への拝礼を行う際に宿泊した江戸長崎屋や、与謝野蕪村や忠臣蔵の大石内蔵助ゆかりの地などが近辺にある、歴史的にとても重要かつ興味深い立地です。

4駅7路線が利用可能な、アクセスの良さ

同ホテルは、「神田」駅、「新日本橋」駅、「三越前」駅、「小伝馬町」駅という、JR、地下鉄など4駅7路線が利用可能です。「東京」駅からも車で5分の距離なので、荷物が多くて移動が大変という方でも安心。羽田、成田の両空港へのアクセスが良く、首都高速の箱崎インターチェンジも近いため車での移動も楽々です。また、銀座や浅草、そしてお台場など、東京観光にもとても便利。客室をのぞいてみると、その多くは洋室で、和室が1部屋あります。洋室のベッドサイズは、シングル、セミダブル、ダブルの3種類。布団は羽毛なので、その日の疲れをしっかりととってくれるでしょう。また、受付に申し出れば、スカイホップバスやクルーズなどの観光ツアーの紹介もしてくれます。

ベッドは3つのサイズから選べます。

ホテル直営の南欧料理レストラン

人気の自家製ハンバーグです。

1階の「オーベルジュ・ド・ニレーヌ」はホテル直営のレストラン。地中海に面した南フランスやイタリアなどの南欧料理を、ニレーヌ風にアレンジ。旬の素材をふんだんに使った料理からパーティーメニューまで楽しむことができます。世界各地の美味しいワインがリーズナブルな価格で揃っているのもうれしいポイント。朝食は洋食と和食から選ぶことができ、また、ランチタイム、ディナータイムも営業しています。ディナータイムには、自家製ハンバーグなどの洋食メニューの中からお好みで選べる「セットメニュー」「スペシャルセットメニュー」などがおすすめです。

おすすめポイント!

共有部分にバリアフリートイレを完備。

客室を定期的にリニューアルすることで、バリアフリーへの対応が進んでいます。手すりの取り付けや、滑りにくい床への変更など、限られたスペースでも快適に過ごしてもらえるように、という温かい心配りが感じられます。

ホテル情報

ホテルかずさや

住所:〒103-0023 中央区日本橋本町4-7-15

アクセス:JR山手線「神田」駅徒歩5分、JR総武快速線「新日本橋」駅徒歩1分、銀座線「三越前」駅徒歩5分、日比谷線「小伝馬町」駅徒歩5分

詳細情報

更新日:2014年5月2日

観光スポット検索